2022注目の内野手

上笹恭吾(桐蔭学園)は攻守で魅せる|秦野シニア出身のキーマンに注目

中学では秦野シニアでプレーし、2020春からは進路を桐蔭学園に決めた上笹恭吾(読み方は「かみささ きょうご」)選手。

ミート力に加えて器用さも兼ね備えた左の巧打者で、抜群に上手いセカンドの守備も目を引く内野手です。

中学時代にも全国大会出場に貢献するなど、攻守に存在感を放っていた選手なんですよね…!

桐蔭学園でも攻守のキーマンとして期待の、上笹恭吾選手を特集していきましょう。

上笹恭吾は中学時代に秦野シニアの中心選手

右投げ左打ちの上笹恭吾選手は中学時代、神奈川の秦野シニアに所属していました。

主にセカンドのポジションで内野の要としてプレーしたほか、シャープなバッティングで上位打線を務めるなど攻撃面でも献身的な働きが光る選手ですね。

DeNAベイスターズカップ1回戦では、麻生ボーイズとの一戦で右中間への三塁打もマーク。

中学3年時には全国大会にも出場するなど、中学から上の舞台を経験してきた選手と言えるでしょう。

秦野シニアで攻守の中心で共にプレーした平岡大和選手は東海大相模に進路を決めていますから、神奈川の強豪同士、高校ではライバルとしての激突に注目です!

Sponsored Link

桐蔭学園・上笹恭吾はバットコントロールに注目

桐蔭学園でも成長が楽しみな上笹恭吾選手ですが、左打席での働きは見ものです。

中学時代には一番から三番まで各打順で活躍を見せていましたが、ミート力の高さには定評がある巧打者といえます。

さらに小技を使える器用さも兼ね備えるなど、チャンスメーカーとなって好機を演出できるあたり本当に貴重な選手なんですよね…!

身長165cm・体重65kgと大柄ではないものの速球に振り負けないスイングを見せていましたし、持ち前のバットコントロールで高校レベルの投手にも対応していくでしょう。

同世代では打撃センス抜群の右打者・牧野竜也選手もチームメイトになりますから、この左右の一・二番コンビが台頭すると桐蔭学園打線は相手チームの脅威になると思います。

参考:牧野竜也(桐蔭学園)はセンス抜群|世田谷西シニア出身の逸材に注目

Sponsored Link

上笹恭吾は守備でも桐蔭学園の内野陣の中心に

攻撃面でチームに貢献する一方、上笹恭吾選手は守備力の高さも見逃せません。

俊敏性を活かした守備範囲の広さは高校でも即戦力になれる内野手ですし、主にセカンドのポジションで中学時代から安定感のあるプレーを見せていました。

グラブさばきも巧く、守備面での技術の高さは桐蔭学園でも内野陣を引っ張る存在になっていくのではないでしょうか…!

同世代にも全国屈指の本格派・山口凱矢投手をはじめ好投手が揃うだけに、上笹恭吾選手は守備においても桐蔭学園を支える選手になることを期待しています!

参考:山口凱矢(桐蔭学園)は球速に注目|中学ベストナインはドラフト期待

Sponsored Link

上笹恭吾は桐蔭学園で攻守のキーマンとして期待

上笹恭吾選手は攻守においてハイレベルな選手ですが、高校でもその働きには大いに注目です。

相澤白虎選手ら強打者が揃う打線において、つなぎ役となる巧打者がいることが得点力アップに直結してくるのは間違いありません。

出塁率も高く、状況に応じたバッティングが出来るため、桐蔭学園でも貴重な戦力となるでしょうね…!

まさにキーマンとなる楽しみな存在だけに、上笹恭吾選手の攻守での躍動には大いに期待していきたいと思います。

参考:相澤白虎(桐蔭学園)はセンス抜群|小中学で日本代表の逸材に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック