2022注目の捕手

笹田海風(東海大相模)はホームラン期待|浜田ボーイズ出身の長距離砲

島根の浜田ボーイズで主軸として活躍し、2020春から東海大相模に進路を決めた笹田海風(読み方は「ささだ しせ」)選手。

どっしりした体格から鋭いスイングを見せ、ホームランを打てる長打が魅力のスラッガーです。

浜田ボーイズでは主将を務めて全国大会も経験し、中四国選抜でも四番を務めた注目の左打者なんですよね…!

東海大相模でもホームラン量産に期待がかかる、笹田海風選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

笹田海風は浜田ボーイズの主将で全国大会

右投げ左打ちの笹田海風選手は、地元の少年野球チーム・浜田西部野球スポーツ少年団で野球を始めました。

浜田市立第三中学校への進学後には、笹田海風選手の父が監督を務める浜田ボーイズに所属。

中学1年時から抜群のセンスを発揮し、レギュラーで活躍していた選手です。

さらに中学3年時には主将を務めてチームを引っ張り、2019春の全国大会出場、2019夏のジャイアンツカップ出場という結果を残しましたね!

守っては捕手のポジションで扇の要、打線でも主軸に座って、文字通りチームの中心で浜田ボーイズを牽引していました…!

Sponsored Link

笹田海風は中学時代に中四国選抜でも四番

浜田ボーイズでの活躍が評価され、鶴岡一人記念大会の中四国選抜にも選出された笹田海風選手。

自慢のバッティングを武器に中四国選抜でも四番を務め、左中間へのタイムリー二塁打を含む4打数2安打1打点の活躍を見せました。

結果はとして決勝トーナメントには進めなかったものの、各地区からハイレベルな選手が集う選抜においても圧倒的な存在感を放っていましたね!

特に逆方向に放ったレフトオーバーの二塁打は、笹田海風選手の打力を感じさせる一打で相当なインパクトがありました…!

これからが楽しみな長距離砲だけに、強打の東海大相模でも主軸への成長に期待したい選手です。

浜田ボーイズでバッテリーを組んだ宮本大輝投手とは、高校でも共に飛躍を遂げてほしいですね!

参考:宮本大輝(東海大相模)の球速に注目|中学で中四国選抜の本格派右腕

Sponsored Link

東海大相模・笹田海風はホームランに期待の長距離砲

東海大相模でも楽しみな笹田海風選手の魅力は、やはりホームランも期待できるバッティングです。

身長173cm・体重88kgのどっしりとした体格で、中学時代からスタンドに運ぶ技術は突出したものがありました。

スイングの鋭さはもとより、ボールを上手く乗せるあたりは天性のものを感じますね…!

逆方向へも飛距離が出る打球を見ても長打力は本物。

中学の時点ですでにプロ仕様のバットを使用していたそうですが、長さ・重さともに感じさせないスイングは見事の一言ですね…!

抜群の身体能力を誇る梶拓斗選手ら同世代にも強打者が並びますが、東海大相模でも笹田海風選手は自慢のバッティングで沸かせてくれるでしょう。

フォロースルーが大きいスイングから「西武の森友哉選手を彷彿とさせる」との声もありますし、打てる捕手として2022ドラフト候補になるくらいの選手になってほしいですね!

参考:梶拓斗(東海大相模)は将来性抜群|中学で神奈川選抜の注目外野手

Sponsored Link

笹田海風は東海大相模でも主軸になってほしい

浜田ボーイズでは主将を務め、中四国選抜では四番を任されるなど、長打が魅力のスラッガーとして期待がかかる笹田海風選手。

中学でもホームランを量産していたパンチ力は、東海大相模でも間違いなく大きな武器になるでしょうね!

パワーだけでなく柔軟性も兼ね備えた打者ですから、高校のレベルでも早い段階で対応できるように感じます。

強打の捕手ではライバルとなる横浜高校の岸本一心選手も注目を浴びるだけに、神奈川では今後も熾烈な争いが繰り広げられそうです。

全国屈指の強打を誇る東海大相模打線でも、クリーンナップを打てるポテンシャルは秘めている選手ですから、笹田海風選手の高校での成長を楽しみに追い掛けていきましょう!

参考:岸本一心(横浜)は強打に注目|静岡裾野シニア出身の捕手は全国屈指

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック