2022注目の投手

宮本大輝(東海大相模)の球速に注目|中学で中四国選抜の本格派右腕

浜田ボーイズのエースとして活躍し、2020春からは東海大相模に進路を決めた宮本大輝(みやもと だいき)投手。

球速140キロに迫るストレートに加え、切れ味抜群の変化球を武器にする本格派右腕として注目を集めています。

中学時代にも全国大会出場に貢献したほか、中四国選抜にも選出されるなどポテンシャルの高さが際立っていた投手なんですよね…!

東海大相模でもエース候補として期待がかかる、宮本大輝投手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

宮本大輝の中学時代は浜田ボーイズで中四国選抜

出身チームでは全国出場に貢献

右投げ左打ちの宮本大輝投手は、地元の少年野球チーム・石見アローズで野球を始めました。

邑南町立石見中学校への進学後は、硬式野球チームの浜田ボーイズに所属。中学1年から主戦で活躍を見せるなど、早くから頭角を現していた右腕です。

さらに中学3年時には副主将を務め、2019春の全国大会、2019夏のジャイアンツカップの出場にも大きく貢献していましたね…!

中四国選抜でもエース級の活躍

そして宮本大輝投手は個人としても実力が評価され、選抜メンバーにも選ばれています。

鶴岡一人記念大会では中四国選抜に名を連ね、2試合に登板して6回を無失点に抑えるなど、堂々としたピッチングで選抜でもエース級の活躍を見せていますね!

全国大会や中四国選抜などの舞台を経験している投手ですから、東海大相模でもエース争いに食い込んでいってほしいものです!

Sponsored Link

東海大相模・宮本大輝の球速が急激に伸びた理由

まず東海大相模で期待がかかる宮本大輝投手の魅力は、球速140キロに迫るストレートです。

中学時代にマークした最速は138キロと、ボールの勢いは素晴らしいものがありますね!

身長175cm・体重73kgの体格は伸びしろを感じますし、高校で身体ができてくれば球速はさらに伸びてくるでしょう。

ちなみに宮本大輝投手が中学生ながらそれだけの球速を出せた理由は、冬場のトレーニングにありました。

冬場は10キロの走り込みと体幹トレーニングに取り組み、下半身の強化と軸がぶれないような身体の強化をはかりました。

その成果もあり、中学1年の冬には112キロだった球速も3年時には138キロまで伸ばすことに成功。

東海大相模では球速150キロの大台も狙える投手ですから、高校での飛躍も楽しみですね…!

九州ナンバーワン右腕と呼ばれた庄田聡史投手らと共に、東海大相模の投手陣はこの先もハイレベルな争いが繰り広げられそうです!

参考:庄田聡史(東海大相模)は球速に注目|中学日本代表の九州ナンバーワン右腕

Sponsored Link

東海大相模・宮本大輝は変化球のキレも見もの

球速140キロに迫るストレートに加えて、変化球においても高い評価を受けている宮本大輝投手。

球種としては主にフォークとスライダーを投げ分けており、どちらも抜群のキレを誇ります。

制球力にも定評がありますし、ストレート以外の面でもポテンシャルの高さを感じさせる投手なんですよね!

東海大相模でも更に変化球の精度に磨きがかかるでしょうから、宮本大輝投手のピッチングからは目が離せません。

同じく浜田ボーイズ出身の笹田海風捕手とは、高校でもバッテリーを組んでほしいものです!

参考:笹田海風(東海大相模)はホームラン期待|浜田ボーイズ出身の長距離砲

Sponsored Link

宮本大輝は東海大相模でも投手陣の柱へ

浜田ボーイズではエース兼副主将として全国大会出場の立役者になり、東海大相模でも活躍が期待されている宮本大輝投手。

ポテンシャルの高さは中学時代から際立っていましたし、将来が楽しみな右腕であることは間違いありません。

東海大相模の同世代では中学日本代表の南琉人投手をはじめ好投手が揃いますが、複数の投手力で勝ち上がる東海大相模だけに宮本大輝投手も柱の一人として期待したいところ。

地道なトレーニングにも真剣に向き合える投手ですし、高校でも飛躍を見せて地元の島根も沸かせてほしいですね!

参考:南琉人(東海大相模)は中学日本代表|球速と抜群のキレに注目の好左腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック