2022ドラフト野手

玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

中学硬式野球の強豪・中本牧シニアの主力で活躍し、2020春からは横浜高校に進路を決めた玉城陽希(読み方は「たましろ はるき」)選手。

バッティングにおいては中本牧シニアの一番打者を務め、守備においても扇の要となってチームを牽引していた強肩強打の捕手です。

中学時代は主将を務めてチームを全国大会ベスト4に導いたほか、U15日本代表にも選出された逸材なんですよね…!

横浜高校でも正捕手候補の筆頭となる、玉城陽希選手を特集していきましょう。

玉城陽希は小学時代に横浜ベイスターズジュニア出身

右投げ右打ちの玉城陽希選手は横浜市立潮田小学校の出身で、地元の軟式少年野球チーム・ニュー横浜スターズで野球を始めました。

ニュー横浜スターズでは主将を務めるなど、チームの中心で活躍。

小学6年時には横浜DeNAベイスターズジュニアのセレクションに参加し、数百人におよぶ参加者の中から見事メンバーに選出されました。

NPBトーナメントでは背番号2を背負い、主に一番・キャッチャーとして試合に出場していましたね!

楽天イーグルスジュニア戦では二回に先制タイムリーを放つなど、横浜ベイスターズジュニアの初優勝に大きく貢献しています。

横浜ベイスターズジュニアでは、同じく2020春から横浜に進路を決めた堂上翔選手とチームメイトでしたし、名門復活への期待が高まりますね…!

参考:堂上翔(横浜)はセンス抜群|中学で東日本選抜の俊足巧打に注目

Sponsored Link

玉城陽希は中本牧シニアで中学日本代表

中学への進学後には中学硬式野球の強豪・中本牧シニアに所属していた玉城陽希選手。

中学3年時には主将を務め、中本牧シニアの日本選手権ベスト4やジャイアンツカップ出場の立役者となりました。

日本選手権ではチームでの活躍が評価されてベストナインに選出されるなど、抜群の存在感を発揮していましたね!

また2019冬には攻守でのポテンシャルが評価され、U15日本代表にも選出。

打撃成績は4打数1安打1打点と玉城陽希選手本人は満足ではなかったものの、捕手のポジションで大舞台を経験し、優勝を勝ち取ったことは今後に活きてくるでしょう。

中本牧シニアで共にチームを引っ張った強打者・小池祐吏選手は東海大菅生に進路を決めており、それぞれ強豪校で戦うだけに高校での激突にも期待です!

Sponsored Link

横浜・玉城陽希はセンス抜群のバッティングに注目

横浜高校でも期待がかかる玉城陽希選手の魅力の1つが、抜群のセンスを発揮しているバッティングです。

中本牧シニアでは不動の一番打者として初回にいきなり長打を放つなど、チームを勢いづけるバッティングを随所に見せていました。

2019夏の日本選手権二回戦・愛知西シニア戦でも初回にいきなり三塁打を放ち、二番打者のショートゴロの間に生還。

先頭打者で1打席目からアジャストできる対応力は、玉城陽希選手の大きな武器になっていますね…!

左右に打ち分けられる玉城陽希選手は高校のレベルにも早くから対応してくるでしょうし、横浜でも打線の中軸を担う存在になってほしいところ。

同世代にも中学日本代表の八木田翁雅選手ら好打者が並びますから、横浜高校の打線は今後が非常に楽しみです!

参考:八木田翁雅(横浜)は中学日本代表|抜群の身体能力は兄弟で凄すぎる

Sponsored Link

玉城陽希は鉄壁の守備力でも横浜の武器に

優れた打撃センスが注目を集める一方で、守備においても存在感を放っている玉城陽希選手。

中学時代にも捕手として中本牧シニアを日本選手権やジャイアンツカップに導いていますが、投手のリード、二塁送球で見せる強肩についても高い評価を受けています。

日本選手権でもベストナインを獲得していましたし、その実力は折り紙付きですね!

横浜高校でも正捕手候補に名前が挙がることは間違いないですが、同じく全国区の捕手で進路が話題になっていた岸本一心選手も横浜高校に進路を決めました。

横浜高校としてはかなり贅沢な悩みですが、世代屈指の捕手たちによるレギュラー争いは見ものです。

玉城陽希選手は起用な選手だけに他のポジションもこなせそうですが、ベイスターズジュニアでは鈴木尚典監督が「今までやってきた中で一番の捕手」と太鼓判を押した選手ですからね…!

いずれにしても名門・横浜高校の中心選手になるでしょうから、高校での飛躍もぜひ追い掛けていきましょう!

参考:岸本一心(横浜)は強打に注目|静岡裾野シニア出身の捕手は全国屈指

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック