2022ドラフト野手

小池祐吏(東海大菅生)は強打に注目|中学屈指の逸材はドラフト期待

中学では中本牧シニアで主軸を務め、2020春から東海大菅生に進路を決めた小池祐吏(読み方は「こいけ ゆうり」)選手。

力強いスイングから鋭い打球を連発する右打者で、世代トップクラスの打力には高校でも期待が高まります。

小学時代には横浜ベイスターズジュニアにも選出されたほか、父親が元横浜のプロ野球選手・小池正晃さんということでも注目を集めていますね…!

東海大菅生の主軸候補と目されている、小池祐吏選手を特集していきましょう。

参考:東海大菅生の2020新入生は?メンバーの注目選手は全国レベル!

小池祐吏の小学時代は横浜ベイスターズジュニア出身

右投げ右打ちの小池祐吏選手は小学時代、明神台リトルグランパースでプレーしていました。

父親譲りの類まれな野球センスで、小学6年時には横浜DeNAベイスターズジュニアに選出。背番号8をつけてスタメンで出場していましたね!

このときの横浜DeNAベイスターズジュニアはトーナメントで優勝も果たしていますし、小池祐吏選手も早くから大舞台を経験していたことが伺えます。

健大高崎の星川心選手ら、当時のチームメイトとは高校でも激突が楽しみですね!

Sponsored Link

小池祐吏は中学時代も選抜メンバーで進路が話題

父親の背中を追って中本牧シニアへ

小池祐吏選手は中学への進学後、中本牧シニアに所属していました。

進路を決める際には同じく中学野球の強豪・東京城南ボーイズと迷ったものの、父親である小池正晃さんの出身チームである中本牧シニアを選んだと語っていましたね!

その中本牧シニアでは中学2年時からクリーンナップを打っており、打撃センスは健在。

その実力が高く評価されてシニア選抜に選ばれるなど、全国屈指の強打者への成長を遂げています。

全国大会でもベスト4進出

中本牧シニアで主軸を務めていた小池祐吏選手は、中学3年時には全国大会ベスト4進出にも貢献しました。

このリトルシニア日本選手権・準決勝では三回に先制タイムリーも放っていますし、チームに欠かせない強打者でしたね…!

ちなみに中本牧シニアでは、横浜DeNAベイスターズジュニアからのチームメイト・玉城陽希選手と共に進路が話題になっていた選手でもあります。

玉城陽希選手は横浜高校に進路を決めていますから、甲子園やドラフトといった舞台での再会にも期待していきましょう!

Sponsored Link

東海大菅生・小池祐吏はバッティングに注目の強打者

広角への長打

東海大菅生でも主軸への成長に期待がかかる小池祐吏選手は、バッティングの良さに注目です。

身長178cmの筋肉質な体格でスイングスピードがずば抜けて速く、広角へ長打が打てる右の強打者なんですよね…!

小池祐吏選手の中学時代を見るにトップからやや下がってからバットが出てくるため、高校でここを修正して最短距離でスイングできれば更にコンタクト率はアップしてくるでしょう。

素材は申し分ないだけに、東海大菅生でどこまで成長を遂げるかが楽しみで仕方ありません。

Sponsored Link

チャンスでの勝負強さも

鋭い打球を連発する小池祐吏選手は、得点圏にランナーを置いてのバッティングも見ものです。

中本牧シニアでも四番に座っていましたが、チャンスでしっかりと仕事が出来る打者で厚い信頼を置かれていました。

東海大菅生の同世代には福原聖矢選手をはじめ全国トップクラスのメンバーが揃いますが、小池祐吏選手にはその中でも主軸に座る打者として期待したいですね!

強力打線の中心として全国区の選手になり、高校野球ファンを大いに沸かせてほしいものです。

参考:福原聖矢(東海大菅生)はドラフト期待|中学日本代表は異次元レベル

Sponsored Link

東海大菅生・小池祐吏はドラフトで父に続いてプロへ

東海大菅生でもプレーが楽しみな小池祐吏選手ですが、打撃に加えて守備面でも能力の高さを見せています。

中学では強肩を活かしてサードのポジションを務めており、内野手としても非常にレベルが高い選手であることは間違いありません。

ポテンシャルの高さは申し分ないだけに、父親の小池正晃さんに続いて、2022ドラフトでのプロ入りにも期待したいところ。

身体能力抜群の小山凌暉選手らと共にチームを引っ張り、高校での飛躍にも注目していきましょう!

参考:小山凌暉(東海大菅生)は将来性抜群|兄弟でドラフト期待の身体能力

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック