2022ドラフト野手

小山凌暉(東海大菅生)は将来性抜群|兄弟でドラフト期待の身体能力

愛知木曽川シニアから強豪・東海大菅生へ進路を決めた小山凌暉(こやま りょうき)選手。

投手では最速140キロに迫るストレートを投げる強肩で、捕手としては中学時代に高校トップクラスの二塁送球タイムをマークしている逸材です。

2019年に東海大菅生からドラフト注目だった小山翔暉選手(亜細亜大)とは兄弟で、揃ってプロ入りの可能性も十分にあるでしょう…!

これからの東海大菅生で中心選手になるであろう、注目の小山凌暉選手を特集してみました。

小山凌暉は出身の愛知木曽川シニアで全国ベスト8

小山凌暉選手は中学時代、兄の翔暉選手と同様に愛知木曽川シニアでプレーしていました。

中学3年時には愛知木曽川シニアの主力として、ジャイアンツカップで全国ベスト8の成績も残していますね!

捕手のポジションでマスクをかぶってチームを牽引した一方で、投手でマウンドに上がった際には最速140キロに迫るストレートで圧倒。

抜群の将来性を秘めた選手だけに、高校でどこまでの成長を見せるかが本当に楽しみです…!

Sponsored Link

小山凌暉は兄弟揃ってドラフト期待の逸材

高校でも期待が高まる小山凌暉選手ですが、兄弟揃ってずば抜けているという点も高校野球ファンとしては見逃せないでしょう。

兄の小山翔暉選手は2019世代で東海大菅生の中心選手として活躍。主に一番・捕手でプレーしており、ドラフトにも期待がかかる逸材でした。

たらればを言っても仕方ないですが、仮に東海大菅生が2019夏に甲子園に出場していたら小山翔暉選手はドラフトでプロ入りしていたのではないかと個人的には思います。

走攻守すべてにおいてハイレベルな選手だけに亜細亜大でも楽しみですし、その兄に勝るとも劣らないポテンシャルを誇る小山凌暉選手に期待せずにはいられません。

これから先、兄弟揃ってのドラフトも十分にありえるでしょうから、お互いに刺激を与えあってドンドン成長してほしいものです…!

Sponsored Link

東海大菅生・小山凌暉は抜群の打撃センス

東海大菅生でも活躍が楽しみな小山凌暉選手ですが、高校でも優れた打撃センスには注目です。

ミート力に長けた左打者で、1打席目からアジャストできる対応力は素晴らしいものを持っています。

同世代では福原聖矢選手らと共に、東海大菅生打線の中心打者になってくれるでしょうね!

高校通算30本をマークした兄・翔暉選手に負けじと、長打力にも磨きをかけて高校屈指の選手に成長してくれることに期待しています!

参考:福原聖矢(東海大菅生)はドラフト期待|中学日本代表は異次元レベル

Sponsored Link

東海大菅生・小山凌暉は高校での起用法に注目

捕手での二塁送球タイムが凄い

東海大菅生で活躍に期待がかかる小山凌暉選手ですが、高校ではどのポジションでプレーするのかが今から楽しみで仕方ありません。

中学時代には捕手のポジションで二塁送球タイムが1秒9を切るほどの強肩を披露。

すでに高校トップクラスの強肩を誇っており、高校でも早くからマスクをかぶっても不思議ではない逸材なんですよね…!

投手では最速137キロのストレートを投げ込んでいますし、どちらも非常に魅力的な選手であることは間違いありません。

Sponsored Link

能力を最大限に活かせるポジションは?

捕手でのスローイングが高く評価される一方で、小山凌暉選手は他のポジションを任せても良いのでは?との見方もあります。

守備で負担が大きなポジションを守るよりもバッティングを優先するか、あるいは俊足も活かせるポジションに就くか。

もちろんこの辺りはチーム事情や本人の意向もあるでしょうし一概には言えないのですが、ずば抜けた身体能力を誇る選手だけに様々な選択肢がありそうですよね!

個人的にはあの二塁送球を見せられると捕手で育ってほしい気はするのですが…!

いずれにしても抜群の将来性を持った選手ですから、東海大菅生での成長には大いに期待したいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック