2022注目の内野手

星川心(健大高崎)はセンス抜群|父も日本代表の大型野手に注目

U12日本代表で四番を務めた経験を持ち、2020春から健大高崎でプレーする星川心(読み方は「ほしかわ しん」)選手。

長打が打てるバッティングが魅力的な右打者で、内野手としても高い能力を見せています。

小学時代は横浜ベイスターズジュニアやU12日本代表にも名を連ねるなど、世代のトップを経験している逸材なんですよね…!

健大高崎でも主力への成長が楽しみな、星川心選手を特集してきましょう。

参考:健大高崎の2020新入生は?次世代メンバーから注目選手を特集!

星川心は小学時代から日本代表の注目選手

横浜ベイスターズジュニアでも主力

右投げ右打ちの星川心選手は小学生の頃、少年野球チーム・北原イーグルスで野球を始めました。

小学6年時のときには応募者600人超えの横浜DeNAベイスターズジュニアのセレクションに参加し、見事18人のメンバーに選出。

星川心選手は小学時代すでに身長が170cmあり、投手としては球速110キロを記録するなど、大きな注目を集めていた選手でしたね!

NPBトーナメントでは背番号5をつけて三番・ショートでスタメンを勝ち取るなど、世代トップの選手が集まる中でも輝きを放っていたのも見事です…!

ちなみに横浜DeNAベイスターズジュニアのチームメイトには、2020春から横浜高校に進路を決めた玉城陽希選手をはじめ、高校でも注目の選手が名を連ねていました。

他にも関東の強豪校に進んでいる選手も多かったですから、元ベイスターズジュニア同士の関東大会での激突も非常に楽しみですね!

日本代表で四番も

北原イーグルスや横浜ベイスターズジュニアでの活躍で注目を集めた星川心選手は、U12日本代表にも選出されました。

U12アジア選手権では四番を任され、2戦目以降の全試合でヒットと打点を挙げるなど、チームを牽引する働きを見せています。

特に決勝の韓国戦では2打点を挙げ、日本代表の大会初優勝に大きく貢献していましたね!

個人でも一塁手としてアジア選手権最高守備賞を受賞するなど、守備でも高い評価を得ていました。

星川心選手のポテンシャルの高さは、小学時代を見ても明らかと言えるでしょう…!

Sponsored Link

健大高崎・星川心は父親も野球で日本代表

U12日本代表でアジア選手権の優勝に貢献した星川心選手ですが、父親の学さんも素晴らしい野球選手でした。

東北福祉大4年時に大学日本代表を経験しており、その日本代表では阿部慎之介選手や石川雅規投手と共に日の丸を背負って戦っていたんですよね…!

大学卒業後は社会人野球の河合楽器やヤマハで主将を務めるなど、父親の学さんも野球で注目を集める存在だったことがわかります。

星川心選手には「生まれた時から(ゴルフボールですけど)ボールを持たせていた」と語っていて、家族の存在も早くから活躍できた要因の1つでしょう。

星川心選手も「プロ野球選手になるだけではなく一軍で活躍したい」と話しており、父親を超える飛躍に期待したいところですね!

Sponsored Link

健大高崎・星川心はバッティングに期待の右打者

健大高崎でも成長が楽しみな星川心選手の注目ポイントは、まず長打が魅力のバッティングです。

U12日本代表でも四番を務めていた実力は確かで、身長180cm超の体格を活かし、打球の飛距離には定評がある選手なんですよね!

リストも強く鋭いスイングを見せるバッターですから、高校レベルの投手への対応力も見逃せません。

また健大高崎の同世代には中山星輝選手をはじめバッティングの良い選手が集います。

星川心選手は長打力に加えて勝負強さも兼ね備えた打者だけに、健大高崎の強力打線でも中核を担う打者に成長してほしいものです…!

参考:中山星輝(健大高崎)は強肩強打|中学日本代表は身体能力も弩級

Sponsored Link

星川心は鉄壁の守備力も健大高崎の武器に

星川心選手はバッティングに加えて、小学時代から光るものを見せていた守備力も見逃せません。

中学では主にショートを守っていましたが、鉄壁と称されるほどのセンスはディフェンス面でも光っていました。

また中学時代は投手も務めていて肩の強さがあり、スローイングも安定感抜群。

体格からも大きな将来性を感じますし、高校でも世代を代表する大型内野手への成長が本当に楽しみですね…!

注目の捕手・関根啓衣太選手らと共に健大高崎のセンターラインを務める選手になることを期待して、この先も追い掛けていきましょう。

参考:関根啓衣太(健大高崎)は中学日本代表|伊勢崎ボーイズ出身の強肩強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック