2022注目の内野手

太田圭哉(加藤学園)は守備センス抜群|蒲原シニア出身の注目野手

静岡の加藤学園で1年の2020夏からベンチ入りしている太田圭哉選手。

軽快なフットワークや広い守備範囲を誇る守備センスに注目が集まっている内野手で、シャープな打撃にも期待がかかります。

中学時代は静岡蒲原シニアの主力で活躍し、南関東選抜のメンバーにも選ばれていたプレイヤーですね!

加藤学園でもチームの中心で活躍が期待される、太田圭哉選手を特集していきましょう。

参考:加藤学園の2020新入生は?メンバーは投打に粒ぞろいで成長に期待

太田圭哉の中学は静岡蒲原シニア出身

右投げ右打ちの太田圭哉選手は静岡県焼津市の出身で、軟式野球チームの黒石野球クラブで野球を始めました。

中学への進学後には、硬式野球チームの静岡蒲原シニアに所属。

早い時期からチームの主力で活躍し、南関東選抜のメンバーにも選出されていました。

南関東選抜としては『台湾国際野球大会』に出場し、選抜メンバーの中でも持ち前の守備力が光っていましたね!

静岡蒲原シニアの1学年上には加藤学園でも先輩になる佐野陸斗選手もいましたから、高校でも中心での活躍が楽しみです。

参考:佐野陸斗(加藤学園)は中学40発超|俊足強打の注目株はドラフトなるか

Sponsored Link

加藤学園・太田圭哉は守備力に注目の内野手

軽快なフットワーク

加藤学園でも1年の2020夏から活躍している太田圭哉選手ですが、やはり注目したいのは高い守備力です。

捕球から送球までのスムーズな動きは素晴らしく、流れるような内野守備は見もの。

身長169cm・体重67kgの体格でみせる軽快なフットワークは群を抜いており、加藤学園でも早くからレギュラーに名を連ねているのも不思議ではありません。

中学時代から「高校でもすぐに通用する」と高い評価も受けていて、抜群の守備力を発揮していた太田圭哉選手。

世代屈指のショートストップへと成長を遂げてほしいですね!

体幹の強さ

また太田圭哉選手の守備で見逃せないのが、随所に垣間見える体幹の強さです。

中でも体幹の強さが光るのが三遊間の打球処理で、強いゴロもしっかり捕球し、そこからの素早く正確な送球でアウトにする場面も珍しくないんですよね…!

逆シングルでのグラブさばきも素晴らしいですし、高い技術は必見レベル。

体幹の強さによってスローイングも安定してきますし、同世代の船橋知聖投手ら加藤学園の投手陣を支える存在になってくれるでしょう。

参考:船橋知聖(加藤学園)は投球術に注目|中学で全国も経験の技巧派左腕

Sponsored Link

太田圭哉は打撃も加藤学園の武器に

抜群のミート力

ショートで見せる高い守備力だけでなく、打撃でも上位打線での活躍が期待される太田圭哉選手。

静岡蒲原シニアでもリードオフマンを務めるなどセンスを感じさせるバッティングを見せていましたし、高いミート力を生かしてヒットを量産してほしいバッターです。

身長169cm・体重67kgと体格的にもまだまだこれからといった選手ですから、身体が出来てパワーがついてくれば非常に面白くなってきますね!

ドラフト注目右腕からも長打

また太田圭哉選手は2020夏の甲子園・交流試合でもスタメンで出場しました。

一番・ショートで鹿児島城西戦に出場し、ドラフト注目の八方悠介投手からセンターに三塁打を放っていますね!

力負けしないスイングを見せており、高校トップクラスの投手への対応力も見せつけたのは見事のひと言。

太田圭哉選手はこの先も加藤学園の打線で核となることに期待です!

Sponsored Link

加藤学園の太田圭哉は俊足ぶりも凄い

攻守に躍動している太田圭哉選手は、さらに俊足も兼ね備えている内野手です。

チーム一と言われる俊足も兼ね備えており、走攻守三拍子揃ったプレイヤーとして2020夏の甲子園で一気に知名度を上げています。

また太田圭哉選手は選球眼も優れているため、出塁率が高い点にも期待ですね!

2020春から共に加藤学園に進んでいる水田裕翔選手は静岡蒲原シニアのチームメイトで、南関東選抜でも主力だったメンバー。

それぞれ攻守で期待の二人だけに、太田圭哉選手も加藤学園の中心での活躍を追いかけていきましょう。

参考:水田裕翔(加藤学園)はセンス抜群|静岡蒲原シニア出身の俊足巧打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック