2022ドラフト野手

水田裕翔(加藤学園)はセンス抜群|静岡蒲原シニア出身の俊足巧打

中学では静岡蒲原シニアでプレーし、2020春からは進路を加藤学園に決めた水田裕翔(みずた ゆうと)選手。

守備範囲が抜群に広い俊足の外野手で、バッティングの良さも際立つ左の巧打者です。

小学時代には中日ドラゴンズジュニアにも選出されたほか、中学でもシニア南関東選抜に名を連ねている楽しみな選手ですね…!

加藤学園でも攻守での活躍に期待がかかる、水田裕翔選手を特集していきましょう。

参考:加藤学園の2020新入生は?メンバーは投打に粒ぞろいで成長に期待

水田裕翔の小学時代は中日ドラゴンズジュニアの中軸

左投げ左打ちの水田裕翔選手は小学時代、黒石野球クラブでプレーしていました。

当時から投打の軸として活躍を見せており、小学6年時にはセレクションを勝ち抜いて中日ドラゴンズジュニアの18人のメンバーに選出。

三番・ファーストでクリーンナップを任されるなど、中日ドラゴンズジュニアのなかでも野球センスは光るものがあったプレイヤーですね!

背番号3をつけて世代トップクラスの舞台を早々に経験したことは、水田裕翔選手の野球人生においても非常に大きかったことでしょう。

ちなみにこのときのチームメイトで一番を打った鈴木塁選手は大阪桐蔭に進路を決めており、高校でも甲子園での再会には期待したいですね!

Sponsored Link

水田裕翔は中学時代も静岡蒲原シニアで主力

中学への進学後には、強豪チームの静岡蒲原シニアでプレーしていた水田裕翔選手。

中学ではマウンドも任されるなど、優れた身体能力を活かして投手としても才能を見せていました。

また日刊スポーツ杯の静岡県夏季大会ではチームの準優勝に貢献し、外野手としてベストナインにも選出される活躍ぶりでしたね…!

中学時代にシニア南関東選抜にも名を連ねていた水田裕翔選手は、攻守に抜群のセンスを誇るだけに加藤学園でも中心選手への成長に期待。

このとき優勝した静岡裾野シニアには山梨学院の注目選手・岩田悠聖選手らがいましたから、高校でも切磋琢磨してレベルアップしていってほしいものです。

Sponsored Link

加藤学園・水田裕翔は打撃センスが光る俊足巧打

バットコントロールの巧さ

加藤学園でも楽しみな水田裕翔選手は、左の巧打者としてのバッティングに注目です。

2020年6月に行われた東海大静岡翔洋との練習試合では、Wヘッダーにて三番・ライトで出場を果たしていました。

バットコントロールに長けた左打者で、コースに逆らわずにライナー性の打球を弾き返すバッティングは見もの。

中日ドラゴンズジュニアで三番を打っていたことも納得の、優れた打撃センスの持ち主であることは間違いありません。

加藤学園でも打線の核となって、ヒットを量産してくれることに期待しています!

俊足を活かした走塁も

また水田裕翔選手のプレーは、スピードでもワクワクさせてくれます。

外野の間を抜いた打球が長打になる場面も多く、ベースランニングの技術においても高校野球ファンを魅了してくれるでしょう。

1学年上の佐野陸斗選手らと並び、加藤学園の打線において存在感を示してくれるのが非常に楽しみです!

参考:佐野陸斗(加藤学園)は中学40発超|俊足強打の注目株はドラフトなるか

Sponsored Link

水田裕翔は守備力の高さも加藤学園の武器に

攻撃面でのポテンシャルが際立つ一方で、水田裕翔選手は守備力の高さも見逃せません。

持ち前の俊足を活かした守備範囲の広さは特に注目で、左右への反応の良さはもちろん、後方の飛球に対しても素早く落下点に入れるセンスは素晴らしいものがあるんですよね…!

加えて、中学時代に投手を務めていた強肩も兼ね備えており、スローイングの良さも魅力。

外野手としても高い守備力を誇る水田裕翔選手は、攻守において全国区のプレイヤーになってその名を轟かせるのではないでしょうか。

加藤学園の同世代では注目左腕の石井羚投手もいますし、これからも静岡の高校野球を盛り上げてくれそうですね!

高い身体能力を持つ水田裕翔選手が高校でどこまで進化を遂げるのか、今後も楽しみに追いかけていきましょう。

参考:石井羚(加藤学園)は中学日本代表|野球センス抜群の左腕は攻守に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック