2022注目の投手

石井羚(加藤学園)は中学日本代表|野球センス抜群の左腕は攻守に注目

中学では伊豆少年野球団に所属し、2020春からの進路を加藤学園に決めた石井羚(読み方は「いしい れい」)投手。

左腕からキレのあるボールを投げ込む投手で、ミート力に長けたバッティングにも注目です。

中学時代にはU15日本代表のメンバーにも選出されるなど、野球センス抜群のプレイヤーだけに攻守において高校でも楽しみな選手になりそうですね…!

加藤学園でも次期エース候補として期待がかかる、石井羚投手を特集していきましょう。

石井羚は中学時代にU15日本代表でアジア優勝

石井羚投手は伊豆市立修善寺中学の出身で、野球では伊豆少年野球団でプレーしていました。

主力として投打に活躍を見せており、中学3年時にはU15日本代表のメンバーにも選出。

全国から18人が集う侍ジャパンの一員となって『第10回BFA U15アジア野球選手権大会』の優勝を経験しています。

石井羚投手はオープニングラウンドの香港戦に登板し、1イニングを投げて2奪三振と完璧なピッチングを披露していましたね!

さらにスーパーラウンドの中国戦ではライトのポジションでスタメン出場するなど、中学での大舞台の経験は今後の糧になるでしょう。

U15日本代表で共にプレーした明豊のサウスポー・坂本海斗投手らとは、高校での投げあいもぜひ観てみたいですね!

Sponsored Link

加藤学園・石井羚は球速以上のキレに注目

左投げ左打ちの石井羚投手は、加藤学園でも成長に期待が高まります。

ピッチングの軸となるのはキレのあるストレートで、質の良いボールは球速以上のスピードを感じさせます。

身長178cm・体重65kgと体格的にはまだまだ伸びしろがありますし、高校で球速が更にアップすると静岡の注目左腕として高校野球ファンの目に留まるでしょうね…!

特に右打者のインコースへ投げ込むクロスファイヤーは威力があり、このボールは石井羚投手の生命線とも言えるのではないでしょうか。

強気でインコースを突いていける投手だけに、早くからマウンドに上がる機会を掴んでほしいところ。

県内ナンバーワンとも言われる静岡商・高田琢登投手は2020ドラフトを沸かせてくれると思いますが、石井羚投手も注目左腕として全国区になる可能性は十分です!

参考:高田琢登(静岡商)はドラフト期待|球速だけじゃない中学日本代表

Sponsored Link

加藤学園・石井羚は変化球の緩急も見もの

キレのあるストレートを投げ込む一方で、石井羚投手は変化球とのコンビネーションも見逃せません。

特に注目したい球種はチェンジアップで、真っ直ぐで追い込んだあとの決め球としてもブレーキのきいた変化球は十分な威力がありますね!

緩急が上手に使える投手ですから、スライダーやカットボールなど、ストレートの球速に近い変化球を習得すると更に投球の幅が広がるのではないでしょうか。

加藤学園の先輩で2020ドラフト注目の肥沼竣投手は、キレのあるストレートを軸に完成度の高い投球を見せる右腕ですから、左右の違いこそあれども多くを学んで成長してくれることに期待です!

参考:肥沼竣(加藤学園)は球速の伸びが凄い|最速更新と制球力でドラフトなるか

Sponsored Link

石井羚はバッティングも加藤学園の武器になる

投手として能力の高さが際立つ石井羚投手は、左打者としても楽しみな選手です。

ミート力に長けたバッティングで中学時代にも上位打線を務めていましたが、攻撃面でも加藤学園の戦力になれるでしょう。

同世代の水田裕翔選手ら加藤学園には楽しみな打者も揃いますから、これからますますチーム力が増していきそうですね…!

石井羚投手には投打で存在感を示してくれることに期待して、高校での成長を追いかけて行きたいと思います!

参考:水田裕翔(加藤学園)はセンス抜群|静岡蒲原シニア出身の俊足巧打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック