2022ドラフト野手

大山陽生(広陵)は身体能力抜群|日本代表も経験の野球センスに注目

広島安佐ボーイズの主力で活躍し、2020春からは進路を広陵高校に決めた大山陽生(おおやま はるき)選手。

広角にヒットを打てる巧みなバットコントロールと、世代屈指の守備力を武器にしている期待の内野手です。

過去にはU12日本代表にも選出されており、主力で国際大会を経験しているんですよね…!

攻守で抜群のポテンシャルを発揮する、広陵の大山陽生選手を特集していきましょう。

参考:広陵の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーは全国トップクラス

大山陽生はU12日本代表でも主力で活躍

右投げ右打ちの大山陽生選手は広島市立東野小学の出身で、東野ベースボールクラブで野球を始めました。

広島市立東原中学校への進学後には、野球では広島安佐ボーイズに所属。当時から抜群のセンスを見せていたおり、1年の2017夏にはU12日本代表にも選出されました。

日本代表メンバーとなって出場した『WBSC U12ワールドカップ』では、初戦のチェコ戦で五番・サードのスタメン出場。ショートへのタイムリー内野安打を放つなど、主力で活躍を見せていました。

ちなみにこのときのU12日本代表のチームメイトには、天理に進路を決めた戸井零士選手もいました。

お互いに強豪校で内野手として注目を浴びるだけに、高校での活躍にも注目です!

Sponsored Link

大山陽生の中学時代は広島安佐ボーイズで主力

日本代表で活躍を見せた後も、広島安佐ボーイズの主力で活躍していた大山陽生選手。

中学2年時からスタメンで試合に出場するなど、早くから攻守に実力を発揮していました。

また中学3年時には『安芸高田ボーイズ大会』の優勝にも貢献して大会MVPに選ばれるなど、存在感が際立っていた選手の一人でもあります。

投手でマウンドに上がった際には最速130キロ超のストレートを投げ込むなど、ポテンシャルの高さは突出していただけに進路も話題になっていましたね…!

Sponsored Link

広陵・大山陽生は抜群の打撃センスに注目

広陵でも主力への成長に期待が高まる大山陽生選手ですが、随所に見せる抜群の打撃センスには注目です。

広島安佐ボーイズでは三番を任されるなど中軸で活躍し、左右にライナー性の打球を連発する高いミート力でヒットを量産していました。

また変化球へも高い対応力を見せていて、体勢を崩されてもヒットゾーンに持っていけるあたりは高校でも注目を集めるでしょう。

広陵でも上位打線で活躍できるポテンシャルを感じさせますし、これから身体が大きくなってパワーも備わると、より楽しみな右打者になってきそうですよね…!

広陵の同世代には中川将心選手をはじめ打力に長けた選手も多いですし、ともに広陵打線を引っ張る存在になっていってほしいですね!

参考:中川将心(広陵)は俊足強打に注目|中学MVPの逸材はドラフト期待

Sponsored Link

大山陽生は守備力の高さも広陵の要に

打撃センスが光る一方で、大山陽生選手は守備でも広陵の要となれる実力を持ち合わせています。

広島安佐ボーイズでは主に投手とショートのポジションを務めていて、投手では130キロ超のストレートを投げ込み、その強肩を生かしてショートでも安定した送球を見せていました。

また、軽快なフットワークと巧みなグラブさばきも魅力で、守備力の高さも即戦力といって過言ではないでしょう。

二遊間の打球に追いついてそのままランニングスローで一塁に送球するなど、華麗な守備を見せるだけに広陵でも内野の要となってチームを引っ張ってくれることに期待です。

強肩捕手の松田啓杜選手らと強固なセンターラインを形成してほしいですし、世代屈指の内野手として全国的に話題になっても不思議ではない選手。

ドラフト注目の宗山塁選手のように、広島から全国の高校野球ファンを沸かせてくれるのが本当に楽しみです!

参考:松田啓杜(広陵)は強肩強打|ヤングJKB出身の捕手は身体能力も抜群

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック