2022ドラフト野手

水戸川大和(広陵)は打撃センス抜群|中学で全国優勝の逸材に大注目

府中広島2000ヤングの主力で活躍し、2020春からは広陵に進路を決めた水戸川大和選手。

広角にヒットを打てる巧みなバットコントロールに加えて、高い身体能力でも注目を集めている左打者です。

中学時代は府中広島2000ヤングでクリーンナップを任され、全国優勝にも大きく貢献していましたね!

広陵高校でも打線の軸への成長が楽しみな、水戸川大和選手を特集していきましょう。

参考:広陵の2020新入生は?野球センス抜群のメンバーは全国トップクラス

水戸川大和の中学時代は府中広島2000で全国優勝

左投げ左打ちの水戸川大和選手は広島市立戸坂中学の出身で、野球では府中広島2000ヤングに所属していました。

中学3年時には主に三番・ライトでチームを牽引し、全国大会である2019グランドチャンピオン大会の優勝にも貢献しました。

水戸川大和選手は個人でも最優秀選手賞に輝くなど、攻守で存在感を放っていましたね!

全国優勝のチームでもひと際目立つ活躍を見せていただけに、高校でも全国区の選手になるのではないでしょうか…!

Sponsored Link

広陵・水戸川大和は打抜群の撃センスに注目

巧みなバットコントロール

広陵でも打線の核となる成長に期待が高まる水戸川大和選手ですが、まず巧みなバットコントロールに注目です。

府中広島2000でも広角に鋭い打球を放ってヒットを量産し、主軸でチームを牽引する活躍を見せていました。

リストの使い方も非常に柔らかく、インコースのボールでも逆方向のヒットゾーンに運べる高い技術も兼ね備えているんですよね…!

バットコントロールの上手さは群を抜いていますから、高校レベルの投手にも早い段階で対応できる力は十分に持ち合わせている選手と言えるでしょう。

スイングスピードの速さ

広角にヒットを打てる巧みなバットコントロールだけでなく、スイングスピードも優れている水戸川大和選手。

高めのボールでも力負けすることなく、外野の頭を超えるような打球もガンガン放っています。

2019グランドチャンピオン大会決勝・SASUKE名古屋ヤング戦でも初回にレフトにタイムリー二塁打を放つなど、逆方向へも長打を打てる点は大きな強みといえますね!

高校でさらにパワーが付いてくると、2022ドラフト候補としても注目を集めるのではないでしょうか。

中学時代からのチームメイトである中川将心選手らと共に、広陵打線の中核を担う打者になることに期待しています!

参考:中川将心(広陵)は俊足強打に注目|中学MVPの逸材はドラフト期待

Sponsored Link

広陵・水戸川大和は身体能力の高さにも期待

抜群のセンスを発揮しているバッティングだけでなく、水戸川大和選手は高い身体能力にも期待です。

中学時代には3イニング連続でのライトゴロを記録するなど、強肩を活かした外野の守備でもチームに貢献していました。

また、外野の間を抜いた打球で悠々と三塁に達する俊足も見もので、走攻守三拍子揃ったプレイヤーとして広島の高校野球を沸かせてくれるでしょうね…!

ポジションは違えど先輩には2020ドラフト注目の宗山塁選手らハイレベルな選手がいますから、多くを学んで飛躍してほしいものです。

参考:広陵・宗山塁はドラフト上位の逸材|イケメンがプレーでも甲子園を魅了

Sponsored Link

水戸川大和は広陵で全国区の選手になる

中学時代は全国優勝した府中広島2000の主力で活躍し、広陵でも攻守にわたり活躍が期待される水戸川大和選手。

打撃ではクリーンナップを務めるなど抜群のセンスを発揮していて、広陵の中軸で活躍できるポテンシャルは十分に秘めている選手です。

松田啓杜選手をはじめ広陵の同世代には高い実力を持つ選手が揃いますが、水戸川大和選手はそのなかでも中心となってチームを引っ張ってくれるでしょう。

広陵でも早い時期から試合経験を積んでほしいですし、全国の高校野球ファンが忘れられない名前になる可能性も十分。

これからも水戸川大和選手の活躍を追いかけつつ、甲子園を沸かせる選手への成長に注目していきましょう!

参考:松田啓杜(広陵)は強肩強打|ヤングJKB出身の捕手は身体能力も抜群

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック