2022ドラフト野手

坂尻翔聖(智弁和歌山)の守備は一級品|紀州由良シニア出身の注目株

逸材が揃う智弁和歌山の2020新入生ですが、中でも坂尻翔聖選手は注目を集めています。

紀州由良シニア出身の内野手で守備力は中学生離れしており、高校でもトップクラスの内野手に成長する可能性が高いでしょう。

名門でも早々にベンチ入りを果たすのではと見られているのも納得の逸材なんですよね…!

智弁和歌山でも内野の要になるであろう、坂尻翔聖選手を特集してみました。

坂尻翔聖は出身の紀州由良シニアでも注目選手

右投げ右打ちの坂尻翔聖選手は湯浅町立湯浅中学の出身で、野球では紀州由良シニアに所属していました。

紀州由良シニアでは主に三番・ショートでプレーするなど、チームの中心的な選手でしたね!

中学2年時に紀州由良シニアはタイガースカップで優勝。

そのタイガースカップ準決勝では京田辺ボーイズと激突し、逆転の2点三塁打を放つなど主力だった坂尻翔聖選手は攻守に存在感を放っていました。

ちなみに京田辺ボーイズの松尾汐恩選手も世代トップクラスの内野手として注目されており、大阪桐蔭に進路をとりましたから、高校での対戦も非常に楽しみですね!

Sponsored Link

智弁和歌山・坂尻翔聖は守備力の高さでドラフト期待

紀州由良シニアから智弁和歌山に進路を決めた坂尻翔聖選手ですが、やはり大きな魅力の1つは突出した守備力の高さです。

軽快なフットワークは必見レベルで、シートノックの時点で「うお、上手い…!」と唸ってしまうほど。明らかに異彩を放っていましたね!

智弁和歌山では近年で言うと西川晋太郎選手(現立教大学)が高校1年時からファンを沸かせていましたが、坂尻翔聖選手の守備もそれに勝るとも劣らないものを感じさせます。

三遊間からのスローイングも乱れることがなく、本当に素晴らしい内野手なんですよね…!

早くもドラフト期待の声が出ているのも納得で、高校トップクラスの守備で沸かせてくれることは間違いないでしょう。

智弁和歌山の内野の要として成長してくれることに期待しています!

Sponsored Link

智弁和歌山・坂尻翔聖はバッティングにも注目

ドラフト級の守備力に注目が集まる一方で、坂尻翔聖選手は攻撃面も期待したい選手です。

身長165cm・体重60kgと大柄ではないものの、勝負強いバッティングは紀州由良シニア時代から期待感がありました。

ただ確実性に関してはこれからという側面も強く、高校でミート力が磨かれる成長にも注目していきましょう。

タイガースカップ決勝で激突した紀州ボーイズの主砲・沖寛太選手も智弁和歌山に進路を決めていますし、坂尻翔聖選手には攻撃面でも覚醒してほしいものです!

参考:沖寛太(智弁和歌山)は阪神Jr出身|紀州ボーイズでも主軸の和歌山選抜

Sponsored Link

坂尻翔聖は智弁和歌山から高校ナンバーワンに期待

智弁和歌山での飛躍に期待が高まる坂尻翔聖選手ですが、これから世代トップクラスの内野手になれるだけのポテンシャルは十分に秘めています。

もちろん智弁和歌山のハイレベルな争いからポジションを勝ち取るのは容易ではありません。

しかし高校1年からスタメンで活躍しても不思議ではない内野手ですから、高校でどこまで存在感を出せるかには大いに注目していきたいですね!

同じく紀州由良シニアから智弁和歌山に進路を決めた塩路柊季投手と共に、高校でも中心的な選手に育ってほしいところ。

高校ナンバーワンの内野手になってくれることに期待して、坂尻翔聖選手を応援していきたいと思います!

参考:塩路柊季(智弁和歌山)は主戦候補|中学で日本代表も経験のMVP右腕