2022ドラフト投手

塩路柊季(智弁和歌山)は主戦候補|中学で日本代表も経験のMVP右腕

2020春から智弁和歌山に進路をとった、紀州由良シニア出身の塩路柊季投手。

ストレートとスライダーのコンビネーションを武器に、高い奪三振率を誇る本格派右腕です。

中学時代には関西選抜として国際試合も経験しており、さらにはタイガースカップで最優秀選手賞も獲得しているんですよね…!

智弁和歌山でも次期エース候補として期待がかかる、塩路柊季投手を特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

塩路柊季は中学時代から進路が話題の注目選手

出身の紀州由良シニアでは日本代表

塩路柊季投手は河南町立中学校の出身で、野球では強豪・紀州由良シニアに所属していました。

投手としての才能は中学時代から光るものがあり、中学2年時には日本代表(関西選抜)として日台国際野球大会に出場。

関西連盟約100チームの中から16人のメンバーに選出されていますから、実力の高さは折り紙付きと言えるでしょう。

このときは日本代表として背番号1をつけてプレーしており、中学での大舞台での経験はこれからの成長にも大きく影響してくるでしょうね…!

タイガースカップで最優秀選手に

塩路柊季投手は紀州由良シニアでもエースとして活躍しており、中学3年時には全国大会出場も果たしました。

またタイガースカップで優勝を飾った際にも最優秀選手賞に輝くなど、世代でもトップクラスの選手であったことは間違いありません。

このとき敢闘賞を獲得した紀州ボーイズ・沖寛太選手も進路を智弁和歌山に決めていますから、この先の戦いも目が離せませんね…!

塩路柊季投手が高校でどこまで成長を遂げるのか、智弁和歌山での飛躍が今から楽しみです!

参考:沖寛太(智弁和歌山)は阪神Jr出身|紀州ボーイズでも主軸の和歌山選抜

Sponsored Link

注目投手の智弁和歌山・塩路柊季の球速は?

本格派右腕として高校での活躍にも期待がかかる塩路柊季投手は、中学時代から完成度の高い投手でした。

球速は中学2年の時点で最速130キロをマークしていましたが、キレのあるボールは球速以上にスピード感があるんですよね!

身長168cm・体重64kgの体格は高校でさらに大きくなるでしょうし、球速が140キロを超えて全国的に注目を集めるのも時間の問題かと感じます。

智弁和歌山でドラフト注目の小林樹斗投手も高校で飛躍的に球速を伸ばしていますから、塩路柊季投手もどんどん盗んで大きくなってほしいものです!

参考:小林樹斗(智弁和歌山)はドラフト注目|球速が急激アップの怪物右腕

Sponsored Link

智弁和歌山・塩路柊季は完成度の高さに注目

塩路柊季投手はストレートが投球の軸になっている一方で、完成度の高さも見逃せません。

現時点でそこまで球種が多いわけではないものの、打者の手元で鋭く変化する縦のスライダーは見もの。

直球と変化球のコンビネーションで高い奪三振率を誇る右腕ですし、精度の高い変化球も塩路柊季投手の持ち味の1つと言えるでしょう。

中学時代にMVPを受賞したタイガースカップでも14イニングを投げて2失点と安定感を見せていますから、高校でも登板機会が早くに訪れそうですね…!

同じく紀州由良シニア出身の坂尻翔聖選手も、ずば抜けた守備力でレギュラー争いに食い込んできそうですが、塩路柊季投手には新入生を引っ張るような活躍に期待しています!

参考:坂尻翔聖(智弁和歌山)の守備は一級品|紀州由良シニア出身の注目株

Sponsored Link

塩路柊季は智弁和歌山で高校トップクラスを目指す

紀州由良シニアに所属した中学時代から、進路が話題になっていたことも納得の塩路柊季投手。

高校では智弁和歌山でプレーすることを決めているわけですが、これからの飛躍が本当に楽しみな選手ですね…!

中学時代には一番打者としても活躍しておりバッティングも良く、随所にセンスが光る選手だけに高校野球ファンからも早々に騒がれそうです。

同世代では日本代表の四番を打った岡西佑弥選手ら、ハイレベルな選手たちが智弁和歌山でプレーしますから、高校でも全国の頂点を目指して頑張ってほしいところ。

智弁和歌山のエース候補として、塩路柊季投手の成長を見守っていきましょう!

参考:岡西佑弥(智弁和歌山)は中学日本代表|橿原ボーイズ出身の怪物に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック