2022ドラフト野手

尾崎悠斗(九州国際大付)は中学日本代表|糸島ボーイズ出身の二刀流

福岡の強豪・糸島ボーイズの主力で活躍し、2020春からは九州国際大付に進路を決めた尾崎悠斗選手。

投手では球速130キロ超のストレートを武器にする一方で、内野守備での軽快な動きはセンスを感じさせます。

中学時代は糸島ボーイズで全国大会出場も経験したほか、U15日本代表でも主力で活躍を見せていましたね!

九州国際大付でも投打にわたって活躍が楽しみな、尾﨑悠斗選手を特集していきましょう。

尾崎悠斗は出身の糸島ボーイズで中学日本代表

主力で全国大会出場

右投げ右打ちの尾﨑悠斗選手は中学時代、硬式野球チームの糸島ボーイズに所属していました。

強豪の糸島ボーイズでは入団時にセレクションがあるのですが、尾崎悠斗選手は驚くことに補欠合格だったんだとか。

3、4名の辞退者が出たために入団できたという背景も、なにかの縁を感じますね…!

中学では2年生から投手として活躍。3年時には春の全国大会にジャイアンツカップと、二度の全国大会出場の立役者となった一人です。

U15日本代表でも活躍

糸島ボーイズでの活躍とその実力が高く評価された尾崎悠斗選手は、中学3年時には15日本代表のメンバーにも選出されました。

出場した『U15アジアチャレンジマッチ』では、フィリピン戦で1イニングを三者凡退に抑えるなど、日本代表の優勝にも貢献していましたね。

また日本代表では、沖縄尚学に進んだ仲宗根大斗投手のピッチングに刺激を受けたと語っています。

ピンチの場面でリリーフ登板し、いつも通りの投球を披露した精神力の強さを感じたそうですが、尾崎悠斗投手も精神面に強みを持つだけに感じるものがあったのでしょう。

それぞれ強豪校に進路を決めていますから、九州大会や甲子園での激突も楽しみですね!

Sponsored Link

尾﨑悠斗は内野守備で九州国際大付の戦力に

九州国際大付でも主力への成長が楽しみな尾﨑悠斗選手ですが、内野守備で見せる抜群の守備センスは見逃せません。

糸島ボーイズでも1年からベンチ入りした際には、柔らかいグラブさばきと軽快なフットワークが高く評価されてのベンチ入りでしたね。

シャープなバッティングも魅力の選手だけに、高校でも投打で存在感を示してほしいところ。

中学では投手で出場しない試合ではショートで出場していましたが、九州国際大付でも同様に、野手で活躍できる選手ではないでしょうか…!

尾﨑悠斗選手は目標とする選手に、大阪桐蔭で二刀流として活躍した根尾昂選手(中日)を挙げていますし、複数のポジションでのプレーはぜひ高校でも注目していきましょう。

Sponsored Link

九州国際大付・尾﨑悠斗は球速に注目の本格派

九州国際大付でも早い時期からの活躍が期待されている尾﨑悠斗選手は、投手としても非常に良いストレートを持っています。

中学の糸島ボーイズ時代には最速135キロをマークしていて、キレのあるボールは日本代表でも際立っていました。

綺麗なフォームから投げ込むボールはスピンも効いていて、打者の手元でもかなり伸びている印象。中学時代の登板でも、打者がボールの下を叩いてフライを上げる場面は多く見受けられました。

身長171cm・体重61kgと細身ではあるものの、成長途上の体格で球速130キロの真っ直ぐを投げているあたりにもポテンシャルの高さを感じますね…!

糸島ボーイズからのチームメイトで二枚看板だった香西一希投手とは、高校でも共に甲子園の頂点を目指すことに。

打者のインコースを突く強気なピッチングも武器になっており、試合をつくれる制球力も持ち合わせていますから、九州国際大付でも攻めのピッチングには期待です!

参考:香西一希(九州国際大付)は投打の逸材|糸島ボーイズで中学日本代表

Sponsored Link

尾﨑悠斗は九州国際大付でも中心選手になる

中学時代は全国大会出場を果たし、U15日本代表でも『U15アジアチャレンジマッチ』の優勝に貢献した尾﨑悠斗選手。

投手では球速が140キロを超えてくる可能性も十分ですし、投手と野手の両面で抜群のセンスを見せているだけに、二刀流での活躍からは目が離せません。

九州国際大付の同世代には黒田義信選手をはじめ打力に期待の選手も揃いますから、高校野球ファンを沸かせるチームになっていきそうですよね!

尾崎悠斗選手は全国区になれるボテンシャルは十分にあるだけに、甲子園での活躍にも期待しながら高校での飛躍を追いかけていきたいと思います。

参考:黒田義信(九州国際大付)はセンス抜群|中学は九州選抜でドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック