2022ドラフト投手

仲宗根大斗(沖縄尚学)は球速に注目|中学日本代表は体育会TVでも話題

沖縄の安仁屋ヤングスピリッツでエースとして活躍し、2020春からは沖縄尚学へ進路を決めた仲宗根大斗(読み方は「なかそね はると」)投手。

180cmの長身から投げ込むストレートと、切れ味鋭いスライダーを武器にする本格派右腕です。

中学時代には日本代表にも選出された逸材で、『炎の体育会TV』に出演したことでも話題になっていましたね!

沖縄尚学でも高校屈指の投手への成長が期待されている、仲宗根大斗投手を特集していきましょう。

仲宗根大斗は中学日本代表を経験で進路が話題

右投げ右打ちの仲宗根大斗投手は中学時代、硬式野球チームの安仁屋ヤングスピリッツに所属していました。

安仁屋ヤングスピリッツでは中学3年時にエースとして活躍し、2019春の全国大会ではベスト8の立役者に。

さらに2019夏にはジャイアンツカップ出場に大きく貢献し、主力選手としてチームを引っ張る活躍を見せていました…!

その高い実力が評価され、U15アジアチャレンジマッチの中学日本代表に選出。

世代トップクラスと言えるポテンシャルを秘めた投手だけに、進路が話題になっていたこともなんら不思議ではありません。

Sponsored Link

沖縄尚学・仲宗根大斗は体育会TVでも話題

U15日本代表にも選出され、世代トップクラスの投手として高い注目を集めている仲宗根大斗投手。

TBSのスポーツ番組・体育会TVに出演したことも話題になっていましたね!

仲宗根大斗は体育会TVでも話題に!

体育会TVではマスクを被った元プロ野球選手と対戦するという企画に挑戦。

元阪神・濱中治選手から変化球で三振を奪い、マスクを脱がすことに成功しました。

実力はもとよりイケメンでも人気になりそうな投手だけに、仲宗根大斗投手はぜひ甲子園を沸かせてほしいですね…!

Sponsored Link

沖縄尚学・仲宗根大斗は球速に注目の本格派

仲宗根大斗投手の大きな武器になってるのが、球速140キロに迫るノビのあるストレートです。

180cmの長身を生かした最速138キロのストレートは球威があり、ズバズバとコースに投げ込んでいくピッチングは見ものです。

身長180cm・体重69kgと細身の体格は伸びしろを感じさせますし、高校で身体ができてくれば球速はさらに伸びるでしょう。

高いポテンシャルを持っている投手だけに、沖縄尚学でトレーニングを積めば球速150キロの大台を狙えるという声も多くありますね!

中学日本代表でのインタビューでも「今後は体重と内転筋と肩回りを中心とした筋トレをしっかりして球速を上げていきたい」と語っていました。

同じく九州地区で注目選手だった140キロ右腕・庄田聡史投手は東海大相模に進路をとりましたから、甲子園での激突が楽しみですね…!

参考:庄田聡史(東海大相模)は球速に注目|中学日本代表の九州ナンバーワン右腕

Sponsored Link

イケメン仲宗根大斗は沖縄尚学の顔になる

球速140キロに迫るストレートが注目されている一方で、仲宗根大斗投手は端正な顔立ちも見逃せません。

イケメンエースとしても高校野球ファンを沸かせてくれそうなんですよね…!

能力的にも全国区の投手になる可能性は十分ですが、イケメン投手としてもこれからの活躍に期待です。

同世代の日本代表左腕で大阪桐蔭に進んだ川井泰志投手も然り、人気・実力ともに甲子園を沸かせてくれそうで楽しみな投手が多いですね…!

仲宗根大斗投手は優れたストレートを持つ一方で、力任せにならずクレバーな投球が出来る投手でもありますから、沖縄尚学でのピッチングはぜひ注目していきましょう!

参考:川井泰志(大阪桐蔭)は中学日本代表|桐生ボーイズ出身の中学最強左腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック