2022ドラフト野手

中沢舟汰(盛岡大付)はホームランに注目|高崎ボーイズ出身の長距離砲

群馬の高崎ボーイズでは主軸で活躍し、2020春からは岩手の名門・盛岡大付でプレーしている中沢舟汰(読み方は「なかざわ しゅうた」)選手。

豪快なホームランを放つバッティングが魅力の強打者で、高校でも主軸候補として期待が高まります。

小学時代はスワローズジュニアに選出されたほか、中学時代にも四番を務めて全国大会出場に貢献していましたね!

盛岡大付でも高校通算ホームラン数に注目が集まる、中沢舟汰選手を特集していきましょう。

参考:盛岡大付の2020新入生は?メンバーは猛打に期待の打者がズラリ!

中沢舟汰は小学時代にヤクルトスワローズジュニア

中沢舟汰選手は埼玉県美里町の出身で、美里町立東児玉小学校1年の時に少年野球チーム・美里少年野球スポーツ少年団で野球を始めました。

小学6年時には『読売旗争奪県北少年野球選手権』で準優勝を果たすなど、持ち前のバッティングでこの頃から主砲を務めていましたね。

また18人のメンバーに選ばれたヤクルトスワローズジュニアでも四番に抜擢。

ヤクルトスワローズジュニアでトーナメントを戦った際にも、右の長距離砲として早くから注目を集めていたことは間違いありません。

Sponsored Link

中沢舟汰は中学時代に高崎ボーイズでも四番

美里町立美里中学校に進学後は、硬式野球チームの高崎ボーイズに所属していた中沢舟汰選手。

中学生離れした体格で3年時には四番を務め、チームの全国ベスト16にも大きく貢献していました。

ちなみに2020春から桐蔭学園に進路を決めた小林啓剛選手とは高崎ボーイズのチームメイトで、共にクリーンナップを組んでいた打線にはかなりの迫力がありましたね…!

揃って全国屈指の強豪校に進んでいますから、甲子園での再会にも注目したいところです。

Sponsored Link

盛岡大付・中沢舟汰は高校通算ホームランに注目

盛岡大付でも主軸への成長に期待の中沢舟汰選手ですが、なんといっても豪快なホームランに注目です。

身長178cm・体重90kgの体格から放たれる打球は別格で、すでに高校でもトップクラスの飛距離をマークしているんですよね!

盛岡大付に入学直後の初実戦では1打席目のファーストストライクを捕らえ、バックスクリーンに推定飛距離135メートルの特大ホームラン。

続く打席でもレフトスタンドに叩き込み、2打席連続ホームランの衝撃デビューを飾りました…!

「高校通算100ホームランを打ちたい」と大きな目標を語っていましたが、中沢舟汰選手の長打力であれば不可能な数字ではありません。

盛岡大付の同世代では抜群の打撃センスを誇る吉田耀選手もチームメイトになりますし、高校での飛躍は非常に楽しみです!

参考:吉田耀(盛岡大付)はセンス抜群|相模ボーイズ出身の日本代表捕手

Sponsored Link

盛岡大付・中沢舟汰は強力打線の中核に

豪快なホームランが目立つ中沢舟汰選手は、ミート力を兼ね備えている点も見逃せません。

緩い変化球への対応力もあり、広角に飛距離が出せるバッティングは見ものですね!

盛岡大付の関口清治監督も「あれだけ振れる1年生は全国にも、そんなにいない」と中沢舟汰選手のスイングを絶賛しています。

また50メートル6秒4と走力も兼ね備えており、高校でも自ずと長打は増えていくでしょう…!

1学年上には2021のドラフト候補とも言われる松本龍哉選手らも打線の中心で活躍していますし、中沢舟汰選手も共に強力打線の一角を担ってほしいものです!

参考:松本龍哉(盛岡大付)は中学日本代表|ホームランも期待のドラフト候補

Sponsored Link

中沢舟汰は盛岡大付からドラフトにも期待

高崎ボーイズの四番を務め、盛岡大付でも入学早々からホームランを放った中沢舟汰選手。

申し分ないパンチ力を持ち合わせている右打者だけに、高校でも早くから試合経験を積んで飛躍を遂げてほしいところですね。

ちなみに中沢舟汰選手の2人の兄は東京の強豪・二松学舎大付に進んでいて、長男・航介さんは甲子園に出場、次男・海斗さんも四番を務めていました。

兄2人とは違う道を選んだ中沢舟汰選手ですが、盛岡大付の主軸候補として今後の活躍に期待していきましょう。

2022ドラフトで話題になる可能性も十分に秘めている長距離砲ですから、今後の活躍からは目が離せません!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック