2022注目の外野手

小林啓剛(桐蔭学園)は強打に注目|高崎ボーイズ出身の主軸候補

群馬の高崎ボーイズでクリーンナップを打ち、2020春から桐蔭学園へ進路を決めた小林啓剛選手。

走攻守すべてにおいてハイレベルな外野手で、思いきりの良いフルスイングが魅力的な右の強打者です。

中学時代には主将を務めてチームの全国大会出場に貢献したほか、群馬県選抜でも三番を任されるなど将来が楽しみな選手ですね!

桐蔭学園でも主軸候補として期待がかかる、小林啓剛選手を特集していきましょう。

参考:桐蔭学園の2020新入生は?逸材揃いのメンバーは躍進への期待大!

小林啓剛の小学時代は西武ライオンズジュニア出身

右投げ右打ちの小林啓剛選手は小学時代、足利南クラブに所属していました。

当時からチームの中心選手で抜群の野球センスを見せており、小学6年時には西武ライオンズジュニアにも選出。

その西武ライオンズジュニアでも四番に座るなど、ずば抜けた打力は早くから開花していましたね!

このときのチームメイトで同じく主力だった相澤白虎選手も桐蔭学園に進路を決めましたから、今後の桐蔭学園打線はさらに破壊力を増すことは間違いありません。

参考:相澤白虎(桐蔭学園)はセンス抜群|小中学で日本代表の逸材に注目

Sponsored Link

小林啓剛は中学の高崎ボーイズでも進路が話題

主将で全国出場

小林啓剛選手は中学への進学後、野球では強豪・高崎ボーイズに所属していました。

中学3年時には主将を任されていましたが、攻守での活躍はもちろん、落ち着いたプレーぶりと強いキャプテンシーは突出したものがあります。

ジャイアンツカップ埼玉予選決勝・春日部ボーイズ戦でもホームランを放つなど、全国出場に大きく貢献。

まさに高崎ボーイズのこの世代を引っ張る中心選手だったと言えるでしょう。

Sponsored Link

群馬県選抜でも三番

高崎ボーイズでも実力の高さを見せつけていた小林啓剛選手は、中学3年時に選抜メンバーにも名を連ねています。

東日本報知オールスターでは群馬県選抜に選出され、その県選抜でもクリーンナップを打ちました。

四番には日本代表を経験した健大高崎・関根啓衣太選手がいたりと、群馬選抜はかなりレベルが高い選手が揃っていましたが、その中でも小林啓剛選手は三番・ライトでスタメンを勝ち取っていましたね!

攻守にスケールの大きなプレーを見せていただけに、中学卒業時には進路が話題になっていたのも不思議ではありません。

Sponsored Link

桐蔭学園・小林啓剛はバッティングに注目の右打者

ホームランも期待の長打力

桐蔭学園でも主軸を担うであろう小林啓剛選手ですが、まず豪快なバッティングに注目です。

思いきりの良いフルスイングは見もので、中学の群馬選抜でもっとも振れていた打者といっても過言ではありません。

どっしりとした体格は下半身も大きく、飛距離が出せる強打者だけに桐蔭学園でもホームランには期待したいですね…!

これだけ振れる選手はそうそういませんから、高校でも早くから観客を沸かせてくれることでしょう。

Sponsored Link

チャンスでの勝負強さも

長打力に魅力を感じる小林啓剛選手は、チャンスでの勝負強さも見逃せません。

得点圏にランナーを置いたときの集中力も素晴らしいものがあり、各世代で打線の中核を担ってきたのも納得。

高校でも状況に応じた対応力が磨かれると、打点の面でも欠かせない存在になるでしょう。

桐蔭学園では同世代に牧野竜也選手をはじめ好打者が揃いますから、小林啓剛選手にはチャンスをモノにする打撃にも期待したいところです!

参考:牧野竜也(桐蔭学園)はセンス抜群|世田谷西シニア出身の逸材に注目

Sponsored Link

小林啓剛は桐蔭学園でも攻守の軸になってほしい

強打に注目が集まる一方で、小林啓剛選手は守備面でもセンスを発揮しています。

外野手としても常時安定したプレーを見せていますし、高校でも早くから出場機会を掴むのではないでしょうか。

試合状況に応じた声掛けなどもしっかり出来る選手で、いかなる局面でも動じないプレーぶりを見ると、主将を任されるのも必然なのかなと…!

桐蔭学園では山口凱矢投手をはじめ投手陣にも好投手が揃いますし、持ち前のリーダーシップを発揮し、チームのまとめ役としても機能してほしいものです。

高校でも成長から目が離せない小林啓剛選手を、これからも応援していきましょう!

参考:山口凱矢(桐蔭学園)は球速に注目|中学ベストナインはドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック