2022ドラフト野手

四宮秀明(東海大甲府)はホームランに期待|戸塚シニア出身の長距離砲

戸塚シニアの主力で活躍し、2020春からは山梨の強豪・東海大甲府に進路を決めた四宮秀明(しのみや ひであき)選手。

がっちりした体格を活かした力強いスイングが魅力で、長打力が光る右のスラッガーです。

小学時代は横浜DeNAベイスターズジュニアの主軸を務め、名門の戸塚シニアでもクリーンナップを打つなど進路が話題になっていた選手ですね!

強肩強打の捕手として東海大甲府でも活躍が期待される、四宮秀明選手を特集していきましょう。

四宮秀明の小学時代はベイスターズジュニアの四番

右投げ右打ちの四宮秀明選手は、軟式野球チームの川島イーグルスで野球を始めました。

当時から野球センスは光るものがあり、川島イーグルスでも主力で活躍。小学6年時には見事にセレクションを通過し、横浜DeNAベイスターズジュニアのメンバーにも選出されています。

その横浜DeNAベイスターズジュニアでは四番を任されるなど、中軸でNPBトーナメントの優勝に貢献していましたね!

また、ベイスターズジュニアで共に主力として戦った玉城陽希選手は、2020春から横浜高校に進路を決めています。

ともに強打の捕手として注目されてきた選手ですから、全国の舞台での対戦にも期待したいところですね!

参考:玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

Sponsored Link

四宮秀明は中学時代も戸塚シニアで主軸

中学への進学後には、硬式野球チームの戸塚シニアでプレーしていた四宮秀明選手。

戸塚シニアでプレーすることを決めた理由は「声が出ていて活気があったこと」だそうで、試合中も雰囲気を大切にしている選手だということがわかります。

中学3年時には主に三番・捕手でプレーしており、全国大会出場などの目立った成績こそなかったものの、スケールの大きな右打者として成長を遂げましたね!

中学生離れした体格から見せるパワフルなスイングは、高校でも全国的に注目を浴びることになるでしょう。

Sponsored Link

東海大甲府・四宮秀明はホームランに期待

東海大甲府でも主軸への成長に期待がかかる四宮秀明選手ですが、やはりバッティングは見ものです。

横浜DeNAベイスターズジュニアでは四番を務め、戸塚シニアでも三番を任されるなど、常に打線の中核を担ってきたのも納得。

身長175cm・体重85kgの恵まれた体格から鋭いスイングを見せており、高校ではホームランを量産するようなスラッガーになる可能性も十分に秘めています…!

長打力も世代トップクラスでスケールの大きな選手だけに、東海大甲府ではさらなるパワーアップにも期待しつつ、ホームランに注目したいですね!

同世代では左の強打者として注目の山梨学院・岩田悠聖選手らと並び、2022ドラフト候補として話題になっても不思議ではありません。

参考:岩田悠聖(山梨学院)は投打で即戦力|中学屈指の逸材はドラフト期待

Sponsored Link

四宮秀明は捕手でも東海大甲府の要に

抜群の長打力見せるバッティングだけでなく、捕手のポジションでも守備の要として期待したい四宮秀明選手。

強肩を活かしたセカンドへのスローイングや安定感のあるキャッチングで、守備面でも目が離せません。

攻守において存在感が際立つ選手だけに、打てる捕手としてスケールの大きなプレーで高校野球ファンを沸かせてくれるでしょうね…!

東海大甲府でも早い時期からの活躍を楽しみにしつつ、全国の舞台でプレーが観られる日を心待ちにしています。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック