2020ドラフト投手

八方悠介(鹿児島城西)はドラフト期待|注目の球速はどこまで伸びるか

鹿児島の強豪・鹿児島城西で1年の2018秋からベンチ入りを果たしている八方悠介(読み方は「やかた ゆうすけ」)投手。

球速140キロを超えるストレートと、コーナーを突けるコントロールが持ち味の本格派右腕です。

2019春から背番号1を背負い頭角を現すと、2019秋の九州大会ではエースとして活躍してチームを九州大会ベスト4に導きました。

鹿児島城西のエースとして甲子園での活躍はもちろん、2020ドラフトにも大きな期待がかかる八方悠介投手について特集していきましょう。

八方悠介の中学時代は糸島ボーイズ出身

八方悠介投手は佐賀県唐津市の出身で、軟式少年野球チームの長松ホークスで野球を始めました。

唐津第一中学への進学後は硬式の糸島ボーイズに所属し、チームの中心選手として活躍。

ミズノ旗争奪九州選抜大会で優勝を果たすなど、チームの勝利に大きく貢献しました。

当時から長身を活かしたストレートは大きな武器になっていて、本格派として進路が注目されていた選手の一人でしたね。

鹿児島城西でチームメイトの前野将輝投手も球速140キロを超えるストレートを投げていますし、ダブルエースは全国的にも話題になる可能性は十分に秘めています。

参考:前野将輝(鹿児島城西)は球速に注目|キレも抜群で全国区に成長

Sponsored Link

鹿児島城西・八方悠介はドラフト期待の本格派

球速140キロ超のストレート

右投げ右打ちの八方悠介投手の一番の魅力は、なんといっても140キロを超えるストレートでしょう。

ランナーがいなくてもセットポジションから投げるのが特徴で、2019夏前には自己最速の146キロをマーク。

球速は150キロの大台も射程圏内にとらえており、スカウトからも注目を集めていますね!


2019秋の九州大会準々決勝・城北戦では自慢のストレートを武器に完封し、チームを九州大会ベスト4に導きました。

1年の冬から筋力トレーニングに継続的に取り組んでいるとのことですが、着実にその成果が出始めていることが伺えますね。

身長180cm・体重76キロの体格もさらに大きくなるでしょうし、成長途上の球速がどこまで伸びるかも注目です!

キレとコントロールも

八方悠介投手は最速146キロのストレートを持っていますが、球速だけのパワーピッチャーというわけではありません。

真っ直ぐのキレに加えて、コーナーに投げ分けるコントロールも兼ね備えています。


2019秋の九州大会準決勝・大分商業戦ではやや高めに浮いたところを狙われていましたが、このレベルの投手になると対戦相手も当然ながら対策を練ってきます。

スピードは申し分ないだけに、いかに精度を高められるかが今後のピッチングを左右するでしょうね!

同じくドラフト注目の智弁和歌山・小林樹斗投手ら、本格派同士の対決も甲子園でぜひ観てみたいものです。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|ドラフト注目の怪物右腕

Sponsored Link

鹿児島城西・八方悠介はドラフトと将来性に期待

球速からもポテンシャルの高さを見せつけており、八方悠介投手はドラフト期待の逸材であることは間違いありません。

全国の舞台で活躍を見せると、知名度が一気にアップしそうですね…!

4種類を投げ分けている球種はスライダー・スプリットを主に投げ込んでおり、変化球のキレが増すと手が付けられない投手に覚醒しそうです。


大分商業のドラフト候補・川瀬堅斗投手をはじめ、この世代の九州地区も好投手が多いですが、八方悠介投手の活躍からは目が離せません。

鹿児島城西のエースとして八方悠介投手の成長に期待しつつ、2020ドラフトにも注目していきたいですね!

参考:川瀬堅斗(大分商業)はドラフト注目|球速以上の凄みとスケール感

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック