2020ドラフト投手

渕上竜椰(早鞆)はドラフト注目|球速も期待の中学全国V投手

山口県の早鞆高校で1年の2018年夏から公式戦に登板していた渕上竜椰(読み方は「ふちがみ りゅうや」)投手。

球速は150キロに迫る勢いで伸びてきており、制球力やスタミナも十分に備わった完成度の高いピッチャーです。

飯塚ボーイズに所属していた中学時代には全国優勝を果たすなど、大舞台の経験もこの先で活きてきそうですね…!

将来性豊かな右腕として2020ドラフト指名にも期待がかかる、早鞆の渕上竜椰投手を特集していきましょう。

渕上竜椰の中学は飯塚ボーイズで全国優勝

右投げ右打ちの渕上竜椰投手は中学時代、強豪の飯塚ボーイズに所属していました。

中学3年時には全国大会に出場し、全国優勝にも貢献。ちなみにこのときのチームメイトには浦和学院の美又王寿投手がおり、ライバルとして切磋琢磨してきたことがわかります。

高校3年になり、それぞれがドラフト候補として話題になっているあたりからも、当時の飯塚ボーイズがいかに逸材ぞろいだったかが見えますね…!

渕上竜椰投手は元プロ野球選手である大越基監督が指揮する早鞆高校に進学し、投手としての才能がさらに開花しています。

参考:美又王寿(浦和学院)はドラフト注目|球速だけじゃない中学全国V右腕

Sponsored Link

早鞆・渕上竜椰はドラフト注目の高校生投手

最速150キロ間近

渕上竜椰投手はピッチングの軸として、最速150キロに迫るストレートに注目です。

身長185cm・体重85kgとがっちりとした体格から最速146キロをマーク。

2019冬にはトレーニングと食事の見直しを徹底して取り組んできた結果、10kgの体重アップに繋がりましたね!

ストレートをしっかりと狙ったところにコントロールできる制球力も、渕上竜椰投手が早鞆のエースとして君臨する所以とも言えるでしょう。

スタミナも十分

渕上竜椰投手はストレートの威力だけではなく、スタミナも素晴らしいピッチャーです。

2019秋には全4試合に先発して計37イニングを投げるなど、1試合を通じて球威が落ちない投球が見込める体力はプロのスカウトからも評価されるでしょう。

延長16回タイブレークまでもつれこんだ下関商戦でも、15回5失点の粘投で勝利に貢献していました。

そこから次戦には中2日で登板している点も然り、渕上竜椰投手は気持ちの強さがピッチングに表れていますし、メンタル面も非常に充実しているピッチャーです。

Sponsored Link

早鞆・渕上竜椰は球速以上に将来性も高評価

早鞆の渕上竜椰投手は最速146キロをマークしていますが、球速以上に将来性が評価されている投手でもあります。

複数球団のスカウト陣が視察に訪れるところをみても、ポテンシャルの高さが感じられますね…!

ストレートの威力と制球力が高く評価されている様子ですし、スカウトが来ていても全く物怖じしない性格もプロ向き。

また変化球も豊富で、

  1. スライダー
  2. カーブ
  3. チェンジアップ
  4. カットボール
  5. ツーシーム

などを投げ分けることが出来る点も見逃せません。

大柄ながら投球フォームは非常にしなやかで、大越基監督も「指先が器用で体が柔らかく体格を含めて自分よりも将来性がある」と評価していました。

Sponsored Link

渕上竜椰は早鞆からのドラフトに注目

渕上竜椰投手は最速146キロのストレートを軸とした完成度の高いピッチングで、2020ドラフトでの指名にも期待が膨らみます。

渕上竜椰投手自身もプロ入りへの意識は強く、「プロ1本、育成でも入りたい」と意思表明していますし、もし指名を受けることになれば、大越監督の教え子としては初のプロ野球選手誕生ですから恩返しにもなりそうです…!

山口では高川学園・大内海斗選手もドラフト候補に名前が挙がっていますから、このハイレベルな対戦はぜひお目にかかりたいところ。

この対戦は過去に2度のサヨナラ負けを喫しているためリベンジへの想いも強いでしょう。

2020夏での躍進も含めて、今後の活躍が楽しみな早鞆のエース、渕上竜椰投手をこれからも応援していきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック