2020ドラフト投手

申原理来(大阪桐蔭)はドラフト期待|球速にも注目の大物右腕

全国屈指の強豪・大阪桐蔭で、2年からベンチ入りしていた申原理来(読み方は「のぶはら りく」)投手。

身長183cm・体重90kgの恵まれた体格を活かし、球威のあるストレートをどんどん投げ込む投球スタイルが持ち味です。

2019秋の大阪大会では4試合にリリーフ登板して好投。チームの優勝に貢献したことは間違いありません。

タレントぞろいの大阪桐蔭投手陣の中でドラフト候補として期待がかかる、申原理来投手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

申原理来の中学時代は神戸甲南ボーイズ出身

申原理来投手は兵庫県神戸市の出身で、神戸市立西代中学時代には硬式野球チーム・神戸甲南ボーイズに所属していました。

当時から体格には恵まれており、神戸甲南ボーイズではエースとして活躍。中学3年の春には全国大会にも出場しています。


ストレートは中学3年時に143キロの球速をマークしていて、進路が注目されていた選手の一人でしたね!

大阪桐蔭で球速150キロの大台を超える可能性も十分ですから、中学から注目の本格派右腕がどこまで伸びるかが非常に楽しみです。

Sponsored Link

ドラフト期待の大阪桐蔭・申原理来は球速に注目

申原理来投手がドラフトに期待されている理由として、球速140キロを超えるストレートは欠かせません。

柔らかい腕の振りから投じるストレートは2020夏を前に最速145キロをマークし、相手バッターを力でねじ伏せるだけの球威があります。

実際に球場で見た観客からは「145キロ以上出ている」という声も聞こえるほどで、球速表示以上に速さを感じさせる点も申原理来投手の魅力でしょう。


2019秋にはエース左腕の藤江星河投手を中心に構成されていた投手陣ですが、申原理来投手の存在も大阪桐蔭の躍進には欠かせません。

身長183cm・体重90kgと恵まれた体格も威圧感がありますし、2020シーズンのピッチングにも大いに期待していきましょう。

参考:藤江星河(大阪桐蔭)はドラフト注目|球速以上のキレを誇る中学日本代表

Sponsored Link

大阪桐蔭・申原理来がドラフト期待の理由

奪三振率の高さ

申原理来投手がスカウトからも注目されている中で、球速はもとより奪三振率の高さも見逃せません。

2019秋の大阪大会5回戦・近大附戦では2回を投げ5奪三振と、圧巻のピッチングを見せましたね!


2019秋の大阪大会では全体を通しても奪三振率14.54をマーク。高い奪三振力を持っていることは間違いありません。

ここぞの場面で三振を奪いチームに勢いを与えるような、豪快なピッチングは見ものです。

球速だけの投手じゃない

申原理来投手の強みは最速144キロのストレートだけでなく、変化球も高い精度を兼ね備えています。

球種はスライダーとチェンジアップが主で、特にストレートとの球速差が大きいチェンジアップは相手打線の脅威になるでしょう。


コントロールも良く大崩れしないですし、変化球でカウントを整えられるためストレート一本で張って攻略できる投手ではありません。

146キロ右腕の関戸康介投手をはじめ1学年下にも好投手が揃いますが、最上級生としてグイグイ引っ張っていってほしいものですね!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

Sponsored Link

申原理来は大阪桐蔭で主役になってほしい

大阪桐蔭には最速144キロのストレートを投げる申原理来投手以外にも、2019秋に台頭した松浦慶斗投手をはじめ投手層の厚さが際立ちます。

そんな中でも申原理来投手のポテンシャルは期待度が高く、エース争いできるポテンシャルは十分に秘めている投手なんですよね!

個人的には帽子のツバに書かれた言葉をみて笑い、一気にファンになりました。お願いだから熱闘甲子園で取り上げていただきたい。


さておき、マウンド上での振る舞いもスケールの大きさ感じさせますし、将来性を考慮してもドラフトに期待せずにはいられません。

甲子園の舞台で本来の実力を発揮することができれば、さらにスカウトの評価は高くなるでしょうし、ぜひとも全国の高校野球ファンを沸かせてほしいですね!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック