2020ドラフト投手

秋広優人(二松学舎大付)はドラフト期待|球速とホームランはド迫力

東東京の強豪・二松学舎大付で身長2メートルの超大型プレイヤーとして注目を集める秋広優人(あきひろ ゆうと)選手。

高校通算20本超のホームランを放っているパンチ力に加えて、広角に長打が期待できる打撃センスなど注目度が高い選手ですね!

一方で投手でも活躍しており、140キロ台中盤のストレートはまだまだ球速が伸びる可能性を秘めています。

2020ドラフトの注目株として複数球団がマークしている、二松学舎大付の秋広優人選手を特集していきましょう。

秋広優人の中学時代は江戸川ボーイズで選抜

右投げ左打ちの秋広優人選手は中学時代、野球では江戸川ボーイズに所属していました。

当時から長身の内野手として迫力あるバッティングを披露しており、中学3年時には関東選抜のメンバーにも選出。

中学時代からレベルの高い舞台を経験してきたことが、高校での成長にも繋がっているのではないでしょうか。

ちなみに現中央学院大の秋広涼太選手は兄弟で、揃って優れた実力の持ち主であるのは見事ですよね!

二松学舎大付のOBには鈴木誠也選手(現:広島東洋カープ)がおり、市原勝人監督からは「鈴木誠也よりも柔らかさがある」と太鼓判を押される逸材です。

Sponsored Link

二松学舎大付・秋広優人の高校通算ホームランは?

広角への長打

二松学舎大付で主軸を務める秋広優人選手は、まず突出した打力に注目です。

2020夏を前に高校通算22本のホームランをマークしていて、東京屈指の強打者といっても過言ではありません。

身長2m・体重95kgの恵まれた体格から、長いリーチを生かしたバッティングで広角に強い打球を飛ばせる点は見もの。

2020夏の大会を前に、浦和学院との練習試合で6球団のスカウト陣が視察に訪れる中で放ったホームランも逆方向の左中間へのものでしたね!

これにはスカウト陣も「楽しみな素材であることは間違いない」と高評価の様子でした。

飛距離も凄い

秋広優人選手は高校通算ホームラン数だけでなく、打球の飛距離にも注目したい選手です。

身長があるため当然との見方もあるでしょうが、恵まれた身体をうまく使った綺麗なスイングで飛距離を生み出していることがわかります。

またホームランだけでなくミート力も高く、高い打率を残せる実力も秋広優人選手の秀でた部分ではないでしょうか…!

同じく大型の二刀流として注目の日本航空石川・嘉手苅浩太投手らと並び、ドラフトでも話題になってほしいところ。

二松学舎大付の主軸を務める秋広優人選手は、ポテンシャルの高さ・スケールの大きさともに超高校級の選手と言えるでしょう。

Sponsored Link

秋広優人は球速に期待のドラフト注目投手

最速を更新

二松学舎大付の秋広優人選手は強打が話題になる一方、投手でも注目したい選手です。

2020夏には最速143キロをマークしていますが、本格的に投手を始めたのが2019秋からでまだ1年も経っていない段階。

経験こそ浅いもののストレートの質も良く、変化球も豊富ですから将来が非常に楽しみな逸材ですよね!

マウンドに上がるたびに自己最速を更新しているようなイメージすらありますから、二松学舎大付での登板でさらに球速を上げてくるのではないでしょうか。

角度が凄い

また秋広優人選手のストレートは球速だけではなく、身長を生かした角度は真似できないものを持っています。

バッターの手元での伸びも十分で、ストレートだけで将来性の高さが垣間見えます。

角度を生かしたストレートは得意とするフォークボールとの相性も良く、奪三振率も非常に高いんですよね…!

将来的にストレートは球速150キロを超えるであろう逸材ですし、日本球界を代表するような投手へと変貌を遂げることへの期待も膨らみます。

Sponsored Link

秋広優人は二松学舎大付からドラフト期待

二松学舎大付で投打にポテンシャルを示している秋広優人選手は、超高校級の逸材として2020ドラフト指名に期待がかかります。

すでに複数球団が興味を示していますし、プロのスカウトとしても放っておけない存在でしょう。

身長2メートルを超える日本人選手は日本球界にいないため、実力とともに話題性も十分。

同じく二松学舎大付の中心で活躍する山田将義選手とはドラフト注目のバッテリーだけに、東京大会を大いに盛り上げてほしいですね!

大型の二刀流で将来に期待がかかる、秋広優人選手をこの先も追いかけていきましょう。

参考:二松学舎・山田将義捕手がプロ級の強肩以上にスカウトを惹きつける理由

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック