2020注目の捕手

二松学舎・山田将義捕手がプロ級の強肩以上にスカウトを惹きつける理由

2018年夏、1年生ながら堂々の甲子園デビューを果たした二松学舎大付属(東東京)の山田将義(やまだまさよし)捕手。

小中と日本代表に選出され中学時代にはU15日本代表で主将を務めるなど華々しい経歴の持ち主で、早くもスカウトから注目されています。

1年生の時点でプロのトップクラスに匹敵するスローイングを武器としているのが見事ですね…!相手チームの脅威となることは間違いありません。

この記事ではそんな野球センスに加え、山田将義捕手の見えざる魅力についても注目していきたいと思います。

 

山田将義は駿台学園中学時代に侍ジャパンで主将

東東京の強豪・二松学舎大付属で1年生の夏から正捕手の座を射止めた山田将義捕手ですが、まずは野球エリートと呼ばれる経歴について見ていきましょう。

5歳から野球を始めた山田将義選手は小学時代、リトルジャイアンツ(東京都葛飾)にてプレー。12歳でジャイアンツジュニアに選出されています。

また、18人の狭き門をくぐったのち、U12日本代表にも選出。

BFA U-12アジア選手権に日本代表として出場しました。ポジションはキャッチャーで、幼い頃からキャッチャーひと筋で来ています。

自ら名乗り出てキャッチャーになった理由は「1人だけ違う方向を向いて野球をするのが楽しいから」ということで、この辺りにも大物の片鱗が見えますね…!

その後、東京都大会で三度の優勝を誇る名門・駿台学園中学へ進学。U15日本代表に選出され二度目の侍ジャパンを経験したわけですが、このときには主将も務めました。

小学・中学と、ここまで話題に事欠かない選手も珍しいですよね。まとめるとこんな感じです。

小学時代 ジュニアジャイアンツ選出
日本代表 U12侍ジャパン選出
中学時代 名門・駿台学園(主将)
日本代表 U15侍ジャパン選出(主将)
高校入学 二松学舎大付属で1年夏から正捕手

ちなみに中学時代の侍ジャパンでは内野手として選手登録されており、このときの正捕手には同じく2020ドラフト注目の星稜・内山壮真選手(現在はショート)が座っています。

このライバル対決が3年生の夏に甲子園で観られることに期待せずにはいられません…!

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

二松学舎・山田将義の適応能力から見る野球センス

小学・中学と日本代表に選出され、二松学舎大付属で1年生の夏からレギュラーを奪取した。

経歴からみても野球センスに溢れていることは言うまでもないですが、よくよく見てみると中学時代の駿台学園までは軟式でプレーしていたんですよね。

つまり、高校入学からわずかな期間で硬式に適応して正捕手を掴み取ったわけです。


もちろん中学のオフシーズンにも練習を積んでいたのでしょうが、自分の経験としても軟式と硬式では打球の弾み方やボールの伸びなどまったく勝手が違ったことを記憶しています。

そう考えると、この優れた適応能力からも野球センスが見てとれるなと…!

余談ですが、キャプテンを務めた駿台学園では一番・キャッチャーとして活躍しており、50メートル6秒0の俊足も大きな武器となっています。

左打席からの一塁到達タイムは4.2秒台ということで、脚にも注目ですね!

2019夏の甲子園で注目された秋田中央の1年生キャッチャー・野呂田漸選手との対戦はぜひ観てみたいものです。

参考:野呂田漸(秋田中央)はドラフト期待|中学時代に培った捕手の資質

Sponsored Link

二松学舎・山田将義は強肩でドラフト注目

そんな山田将義捕手ですが、なんといっても注目はキャッチャーとして魅せる強肩ぶりでしょう。

1年生夏の甲子園では二塁への送球到達タイムが1.93を記録し、大きな注目を浴びました。

このタイムは甲子園初戦でマークした記録なのですが、対戦相手が前年の準優勝校である広陵(広島)でした。

この年、地方大会で出場校中ナンバーワンの24盗塁を記録していた相手に足を使わせなかった1年生キャッチャーに注目が集まるのは当然とも言えるでしょうね…!

試合は5対2で二松学舎大付属が勝利したわけですが、初回に盗塁を刺したことが相手の攻撃に大きな影響を与えたことは言うまでもありません。


ちなみに二塁送球タイムの1.9秒はプロのキャッチャーでもトップクラスに匹敵する数字で、強肩で2018日本シリーズのMVPに輝いた甲斐 拓也捕手(ソフトバンク)が1.83秒です。

さすがに甲斐キャノンには若干劣るとはいえ、山田将義捕手の強肩は味方投手に大きな安心感を与えていると言えます。

Sponsored Link

山田将義がドラフト注目と言われる理由

強肩に熱視線が送られる山田将義捕手ですが、ドラフト注目選手としてスカウトやファンを魅了するものは他にもあります。

というのも、キャッチャーとしての存在感が群を抜いているんですよね。

身長175cm、体重70kgとさほど大柄ではないにも関わらず、グラウンドでは幾分大きく見えます。

キャプテンシーとも言えるのでしょうが、ここまで堂々とした空気を出せる選手はそうそういません。

たとえば2018年夏の甲子園では、2学年上のエース・岸川海投手に対して試合中に「結構イイ感じですよ」と声をかけたんだとか。

先輩にも臆することなく、もう完全に女房役としての風格が漂っていますよね…!


また、2018夏の東東京大会決勝で2年生の大庭颯仁投手が自らの連携ミスで失点した際にも「今のは周りのせいにして切り替えましょう」と声掛け。

大庭投手は試合後に「あのアドバイスで冷静さを取り戻せた」と語っています。

「試合中に学年は関係ない」と言い切るコミュニケーション能力も、どのチームでも主将を任されてきた大きな要因の1つでしょう。

物怖じしない度胸や冷静に戦況をみられる洞察力なども含め、キャッチャーとしてのスケールは間違いなく高校トップクラスといえます。

これからチームの中心選手としてさらに話題になるでしょうし、イケメン捕手が再び甲子園を沸かせる日を楽しみに待ちたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック