2020ドラフト投手

仁木登真(鳴門渦潮)はドラフト期待|球速と飛距離に注目の二刀流

徳島の鳴門渦潮で、2年時から公式戦で登板している仁木登真(にき とうま)投手。

球速150キロに迫るストレートを武器にする一方で、野手でも高い身体能力で注目を集めている二刀流です。

打っては打球の飛距離が異次元レベルで、ドラフト候補に挙がっているのも納得ですね…!

投打にわたり高いポテンシャルを見せている2020ドラフト期待の鳴門渦潮・仁木登真投手を特集していきましょう。

鳴門渦潮・仁木登真はドラフト期待の本格派

最速150キロ間近

仁木登真投手の大きな武器として注目されているのが、最速150キロに迫るストレートです。

2019秋に144キロをマークしていた球速は、2020夏を前に最速148キロまでアップ。

高めのボールにはかなりの力があり、多くの打者が差し込まれるシーンもよく見受けられます。

仁木登真投手も「左足を上げる角度を変えて体重移動がスムーズになった」と語っており、試行錯誤しつつ進化を遂げていることがわかりますね…!

中学からの球速の伸びが凄い

最速150キロに迫るストレートで注目を集めている仁木登真投手ですが、中学時代はそこまで有名な選手ではありませんでした。

鳴門市鳴門中学時代にはストレートの最速も120キロ台だったというから驚きですよね…!

大きな転機となったのは、四国の独立リーグにもトレーナーを派遣する「インディゴコンディショニングハウス」代表の殖栗正登氏から指導を受けたことだったそうで、約半年で球速が130キロ台から140キロまで伸びたんだとか。

身長175cm・体重84kgと身体の厚みも増していますから、この先も更なる球速アップには期待していきましょう。

Sponsored Link

ドラフト期待の仁木登真はホームランにも注目

投手として大きな注目を集める仁木登真投手は、ずば抜けた飛距離を誇るバッティングも見逃せません。

2019年11月に行われた徳島県高野連主催の「第11回体力・技術力向上研修会」では、ロングティーで歴代ナンバーワンの117.32メートルを記録しているんですよね…!

2020夏の徳島大会1回戦・板野戦では2本の二塁打を放っており、五回裏に放った2本目の二塁打は試合を決定づけるタイムリーとなっていました。

同じくドラフト期待の済美・山田響選手らと、四国の高校野球を盛り上げてくれる存在でしょう。

ホームランを打てるパワーは十分に持っている選手ですから、今後の試合では一発にも大いに期待していきたいですね!

参考:山田響(済美)はドラフト期待|ホームランに注目の俊足強打

Sponsored Link

仁木登真は鳴門渦潮からドラフトに期待

将来性も高評価

投打にわたり鳴門渦潮の中心で活躍を見せている仁木登真投手。

身長175cm・84kgとどっしりとした体格をしていて、将来性も高く評価されています。

ピッチングでは制球力に課題を残すものの、ポテンシャルの高さはプロのスカウトも目を光らせるところ。

ドラフトで指名される可能性は十分にありますから、2020夏の活躍にも注目していきたいですね!

どらふとは野手での指名も?

投手での実力に期待がかかる一方で、仁木登真投手は野手での指名も可能性としてはありえるでしょう。

外野の守備で強肩を披露していることはもちろんのこと、打球判断など守備面の動きも悪くありません。

パンチ力に勝負強さも兼ね備えており、開星の強打者・山本大斗選手らと共に打撃面で中四国地方のドラフトを沸かせてくれるかもしれませんね…!

将来性も高く評価されている仁木登真投手の活躍に注目しつつ、2020ドラフトでの指名にも期待しましょう!

参考:山本大斗(開星)はドラフト注目|米子出身の強打者は攻守で魅せる

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック