2020ドラフト野手

山本大斗(開星)はドラフト注目|米子出身の強打者は攻守で魅せる

島根の強豪・開星で1年の2018年からベンチ入りを果たしていた山本大斗(やまもと だいと)選手。

身長183cmの恵まれた体格を生かしたバッティングは複数球団から注目を浴びており、2020ドラフト候補としても楽しみな右打者です。

ホームランに期待の長打力にくわえて身体能力も高く、攻守の両面で将来有望と見られているのも納得ですね!

2020ドラフトへの期待が膨らむ島根のナンバーワン打者、開星の山本大斗選手を特集していきましょう。

開星・山本大斗はドラフト期待の強打者

ホームランも期待の長打力

開星・山本大斗選手の持ち味といえば、なんといっても将来性が高いバッティングが挙げられます。

身長183cm・体重88kgの鍛えられた体格で、右打席に立つとホームランを期待せずにいられないほどの迫力があります。

2020夏を前に高校通算25本のホームランをマーク。

スイングスピードが非常に速いためポイントまでしっかり引き付けることができ、リストの強さを感じる強烈なインパクトは見ものです。

開星では主に三番を打っているため、初回に山本大斗選手が回ってくる打線は相手にとっては脅威でしょうね…!

広角への長打

山本大斗選手の魅力はホームランを打てるパンチ力だけでなく、広角に長打を放つ打撃センスにもあります。

ライト方向への打球もグングン伸びていきますし、インパクト時にヘッドがしっかり立っているためアウトコースのボールに力負けすることもないんですよね…!

2018秋の中国大会では五番打者として、強豪・米子東戦で3安打(うち2本が二塁打)の固め打ちを披露していました。

甲子園に出場していれば右のスラッガーとして全国区になっていたであろう強打者だけに、高校最後の夏でのプレーからも目が離せません。

Sponsored Link

ドラフト期待の開星・山本大斗はミート力も

山本大斗選手は恵まれた体格とパンチ力に加えて、高い打率を残せるミート力も素晴らしい選手です。

2019夏の島根大会では惜しくも準優勝ではあったものの、1本のホームランを含む22打数10安打5打点という暴れっぷりを見せました。

2020ドラフトでは「中国地区の野手で最もプロに近い」とも言われており、同じく大型野手として注目の米子東・岡本大翔選手らと共に話題になることは間違いないでしょう。

鋭いスイングで強い打球を飛ばせる右打者だけに、山本大斗選手の打席には大いに注目したいところです。

参考:岡本大翔(米子東)はドラフト期待|ホームランも注目の強肩強打

Sponsored Link

ドラフト期待の山本大斗は身体能力が凄い

開星で注目を集める山本大斗選手は、打撃に魅力を感じる一方で身体能力の高さも見逃せません。

遠投100メートル超を誇る強肩の持ち主で、外野からのスローイングでもプロのスカウトを唸らせています。

さらには大型選手でありながら脚力もあり、プロの世界でも十分に外野を任せることができそう。打球勘も優れていますから、センターを守る守備でも開星を支えている存在ですね…!

2019ドラフトで横浜DeNAベイスターズに5位指名を受けた田部隼人選手に続き、開星から2年連続でのプロ入りも現実味を帯びてきました。

参考:田部隼人(開星)はドラフト期待|中学でも中四国選抜の大型ショート

Sponsored Link

山本大斗は開星からドラフトへ

山本大斗選手は島根随一といわれる打撃センスと将来性の高さから、2020ドラフト指名への期待が膨らみます。

体格的にも十分にプロの世界でやっていけるでしょうし、上のレベルで活躍できる要素を多く持っている選手だけに高評価を受けているのも納得ですね!

鳥取城北・河西威飛選手ら右の強打者が中国地区には並びますが、開星で主軸を務める山本大斗選手のポテンシャルは頭一つ抜けているようにも感じます。

高校ラストシーズンの2020夏でさらにアピールを重ねていけば、ドラフト上位指名もありえるのではないでしょうか…!

参考:河西威飛(鳥取城北)は中学で野茂ジャパン|ドラフト期待のスラッガー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック