2020ドラフト野手

岡本大翔(米子東)はドラフト期待|ホームランも注目の強肩強打

鳥取県の強豪・米子東で1年の2018春から試合に出場し、同年秋からは一番を任されていた岡本大翔(読み方は「おかもと ひろと」)選手。

高校通算20本に迫るホームランを記録していることに加え、高校生離れした飛距離が注目されている大型野手です。

投手としてマウンドに上がれば球速140キロ超のスピードボールを投げ込むなど、優れた身体能力を誇る選手なんですよね…!

2020ドラフト候補として注目の、米子東・岡本大翔選手を特集していきましょう。

米子東・岡本大翔はドラフト期待の長打力

高校通算20本に迫るホームラン

米子東の強打者として注目を集める岡本大翔選手は、まず長打が期待できるパンチ力に注目です。

右打席でゆったりと深く構え、ボールを手元まで引き込んで強烈なインパクトを迎えます。

2019夏の時点で高校通算20本に迫るホームランを放っている岡本大翔選手ですが、スケールの大きさはホームラン数以上のものを感じさせますね…!

2019冬のトレーニングによってスイングスピードがさらに速くなり、手元まで引き寄せれるようになったことで対応力が高まった点も見逃せません。

2019夏の甲子園初戦ではU18代表にも選出された、智弁和歌山・池田陽佑投手から3安打の固め打ちを披露している強打者です。

ホームランの飛距離はピカイチ

岡本大翔選手は身長190cm・体重92kgの恵まれた体格を誇り、パワフルなスイングから放たれる打球の飛距離は迫力満点です。

2019夏の県大会では2本塁打と優勝に貢献する活躍でしたが、中でも城北高校との決勝戦で放ったレフトスタンド場外への2ランホームランは圧巻でしたね…!

下半身からうまく力が伝わるスイングで、あっという間に外野の頭上を越えていく打球スピードも見事。

岡本大翔選手は米子東の主軸として、高校最後のシーズンでも大いに高校野球ファンを沸かせてほしいものです。

Sponsored Link

ドラフト期待の米子東・岡本大翔は強肩も凄い

米子東の岡本大翔選手はパワフルなバッティングに期待の一方で、身体能力の高さも突出したものを見せています。

主に内野手(サード兼ショート)でプレーしているものの、投手でマウンドに上った際の球速は140キロ超をマークしているんですよね…!

内野手として強肩を発揮するシーンも多く、三遊間の深い位置からもダイレクトで一塁へ送れる強さがあります。

強肩強打の野手では履正社・小深田大地選手らも2020ドラフト期待ですが、勝るとも劣らない身体能力を誇る岡本大翔選手には期待せずにはいられません!

参考:履正社・小深田大地はドラフト期待|中学で野茂ジャパンの大砲に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の米子東・岡本大翔は抜群の将来性

米子東の主砲として活躍する岡本大翔選手は、身長190cm超の内野手としてこれから更に飛躍していく可能性を秘めている選手です。

打撃面では確実性、守備面では安定感など細かい部分は課題として残るものの、十分にこれから改善の余地があり、勉強熱心な性格もプロ向きといえるでしょう。

上のレベルで揉まれることで覚醒する可能性も十分かと思いますし、甲子園でも力を発揮しているだけに好投手との実戦経験をさらに積んでほしい強打者。

2019ドラフトで横浜DeNAベイスターズから指名を受けた田部隼人選手のように、大型野手として話題になってくれることに期待ですね!

参考:田部隼人(開星)はドラフト期待|中学でも中四国選抜の大型ショート

Sponsored Link

岡本大翔は米子東からの高卒ドラフトに注目

米子東でプレーする岡本大翔選手は「高卒でプロに行きたい」とプロ志望届を提出する意向を示しています。

指導する紙本庸由監督も岡本大翔選手の夢について

  • 鳥取出身のプロ野球選手は少ない
  • 野球少年に具体的な目標を示してほしい

と、高卒でのドラフト指名に太鼓判を押していますね…!

自身の夢を叶えるとともに鳥取野球界の星となり、先駆者としても大いに飛躍を遂げてほしい選手ですし、実現できるだけのポテンシャルも十分に秘めています。

2020ドラフトでの指名に期待しつつ、これから先の岡本大翔選手の活躍も追いかけていきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック