2020ドラフト投手

根本悠楓(苫小牧中央)はドラフト期待|中学日本代表は球速も全国区

苫小牧中央で1年時から注目を浴び続ける根本悠楓(読み方は「ねもと はるか」)投手。

中学時代には全国優勝を経験したサウスポーで、史上初の決勝で完全試合達成も大きく取り上げられていました。

U15日本代表にも北海道から唯一選出されるなど、2020ドラフトにも期待の好投手なんですよね!

同地区の強豪・駒大苫小牧との激突にも毎回注目が集まる、苫小牧中央の根本悠楓投手を特集していきましょう。

根本悠楓は中学で日本代表のエースナンバー

出身の白翔中学で完全試合

根本悠楓(読み方は「ねもと はるか」)投手は北海道の白老町出身で、小学1年から虎杖浜タイガースで野球を始めました。

中学時代には白翔中学でエースとして活躍し、3年春・夏と全国大会に出場。

夏の全国中学決勝で、大会史上初の完全試合を達成したことも大きく話題になりましたね!

ちなみに全国大会決勝では、愛知の刈谷朝日中学を相手に7回を投げ12奪三振の快投。

完全試合の時点で偉業達成にも関わらず、21アウトのうち半数以上が三振というのは圧巻ですね…!

U15日本代表にも選出

実力が高く評価された根本悠楓投手は中学3年時にU15日本代表にも選出され、アジア選手権優勝に貢献しました。

エースナンバーである背番号18をつけていたことからも、期待値の高さが伺えますよね!

2019夏の甲子園で準優勝を果たした星稜・内山壮真選手荻原吟哉投手らは、中学日本代表でのチームメイト。

当然ながら同世代の活躍には刺激を受けたでしょうし、これからの根本悠楓投手にも注目していきたいところです。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|中学日本代表はダテじゃない

Sponsored Link

ドラフト期待の苫小牧中央・根本悠楓は球速以上の魅力

球速よりも速く見えるキレ

苫小牧中央でも1年夏からマウンドに上がっていた根本悠楓投手ですが、見るたびにボールのキレが素晴らしいピッチャーだと感じます。

2019夏を終えた時点での最速は141キロで、真っ直ぐで空振りを奪う場面が非常に多いんですよね!


身長171cm・体重72kgと大柄ではないものの「高校では球速150キロを目指したい」と話していましたから、今後さらに球速がアップしてくるとさらに打てないピッチャーになっていくでしょう。

駒大苫小牧のドラフト注目右腕・北嶋洸太投手とは切磋琢磨して、北海道の高校野球を大いに沸かせてほしいものです!

参考:駒大苫小牧・北嶋洸太の奪三振に注目|佐々木監督が全幅の信頼を置く理由

ツーシームの精度が抜群

球種としてはスライダーやチェンジアップも操る根本悠楓投手。

変化の大きなスライダーも相手打者の脅威であることは間違いないのですが、個人的に注目したいのはツーシームです。

スクリュー気味に落ちる軌道で右打者のアウトコースを突くことが出来、バッターは腰が砕けたようなスイングになる場面も少なくありません。

2019春・夏と駒大苫小牧にいずれも1点差の敗戦を喫していますが、変化球がより低めに制球されるようになると北海道大会でも上位進出は十分にありえるでしょう。

Sponsored Link

ドラフト期待の苫小牧中央・根本悠楓は最速もアップ

ボールのキレで注目を集めていた苫小牧中央の根本悠楓投手ですが、高校3年にかけて球速もアップしました。

ストレートの最速は146キロにまで伸び、高校最後の2020シーズンで球速150キロの大台もありえるのではないでしょうか…!

北海道の同世代では白樺学園・片山楽生投手が最速147キロをマークしていますが、根本悠楓投手も道内屈指の左腕として2020夏の戦いには大いに期待です。

「地元の仲間で勝ちたい」と中学卒業時には強豪校の誘いを断って苫小牧中央を選んだだけに、これからの成長と快投を期待して応援したいと思います。

参考:片山楽生(白樺学園)はドラフト期待|球速以上の逸材は中学で全国4強

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック