2020ドラフト投手

片山楽生(白樺学園)はドラフト期待|球速以上の逸材は中学で全国4強

北北海道の強豪・白樺学園で投打の中心としてチームを引っ張る片山楽生(読み方は「かたやま らいく」)投手。

球速140キロ超えのストレートを投げ込む本格派で、打っては主軸を務める強打者です。

中学時代にもエースとして全国大会でベスト4の実績を誇るなど、これからの伸びしろにも期待の右腕ですね!

2020ドラフトも楽しみな、白樺学園の片山楽生投手を特集してみました。

参考:2020ドラフト候補の高校生投手【最新】プロ志望届と大学の進路は

片山楽生は中学時代に出身の共栄で全国ベスト4

右投げ左打ちの片山楽生投手は十勝の柳町小学出身で、小学時代には柳町イーグルスでプレーしていました。

音更町立共栄中学に進んでからも投打に存在感を示しており、中学3年の夏には十勝予選決勝でノーヒットノーランも達成。

エースで四番の大黒柱として、チームの全国大会出場に大きく貢献しています。

このときの全国大会ではベスト4に進出する活躍を見せたわけですが、2020ドラフト注目の若杉晟汰投手を擁する明豊も下していますね!

マウンドさばきはもちろん、片山楽生投手は左打席での豪快なスイングも印象的だった選手です。

参考:明豊・若杉晟汰はドラフト期待|球速以上のキレに注目のイケメン左腕

Sponsored Link

ドラフト期待の白樺学園・片山楽生は球速に注目

白樺学園でも2019秋からエースとして活躍している片山楽生投手ですが、まず魅力なのはキレのあるストレートでしょう。

身長175cm・体重74kgの体格から繰り出すストレートの最速は147キロで、駒大苫小牧の北嶋洸太投手や苫小牧中央の根本悠楓投手らと並んで道内屈指のスピードを誇ります。

2019秋の全道大会・東海大札幌戦では5安打完封の快投を見せるなど、北北海道ナンバーワン右腕への階段を着実に上っていますね…!

続く神宮大会でも国士舘を相手に九回途中6安打2失点の好投を見せ、全国の舞台でも十分に通用するポテンシャルの高さを証明しています。

これからの成長で球速150キロの大台を射程圏内にとらえる可能性も十分にありますから、2020ドラフトでも話題になれる逸材だと言えるでしょう。

参考:駒大苫小牧・北嶋洸太の奪三振に注目|球速にも期待のドラフト候補

Sponsored Link

ドラフト期待の片山楽生は打撃でも白樺学園の中心

エースとしての投球に注目が集まる一方で、片山楽生投手は左打席でのバッティングも見逃せません。

さほど大柄ではないもののスイングは鋭く、打球の伸びからも打撃センスの高さがわかる好打者なんですよね!

長打を期待できるバネも感じますし、前チームから一塁手のレギュラーとしてクリーンナップを任されていたのも納得です。

2020夏の北北海道大会ではバックスクリーンにホームランを叩き込んでいました!

川波瑛平左翼手ら強打者が並ぶ白樺学園打線においても、片山楽生投手はその中心として活躍できる選手。

投打の柱として今後も成長を遂げて、甲子園やドラフトを沸かせてくれることに期待しています!

参考:川波瑛平(白樺学園)は全国区になる|抜群の身体能力で攻守に魅せる

Sponsored Link

白樺学園・片山楽生はドラフトにも期待の注目株

投打にポテンシャルの高さを見せる片山楽生投手ですが、2020ドラフト候補としても大いに期待したい選手なんですよね。

プレーの随所に伸びしろを感じますし、身体が一回り大きくなってくるとマウンドや打席での迫力もさらに増してきそうです…!

大型右腕・奥村柊斗投手もずば抜けたポテンシャルを誇っていますし、白樺学園の投手陣は今後の成長が本当に楽しみですね…!

ちなみに2020春には最速147キロにまで球速が上がっており、高校で球速が150キロの大台をマークする可能性も十分。

ドラフト候補としてもさらに注目度が高まるでしょうから、他校の警戒が強まる中での活躍にも大いに期待しています!

参考:奥村柊斗(白樺学園)はドラフトなるか|球速にも期待の超大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック