2020ドラフト投手

駒大苫小牧・北嶋洸太はドラフト注目|球速だけじゃない右腕の魅力

強豪・駒大苫小牧で2年生ながら絶対的エースとして君臨する北嶋洸太投手。1年春からベンチ入りを果たしていた逸材ですが、2019春の室蘭支部予選でも室蘭栄との代表決定戦で15奪三振の快投を見せるなど今後が非常に楽しみな本格派です。

右腕から繰り出すストレートは2019夏の時点で最速144キロを記録しているほか制球力も高く、2020年にはドラフト指名もありえると目されています。

2018年には130キロ台だった球速もひと冬で一気に伸ばしていますし、マウンド度胸も抜群で大きな伸びしろを感じるんですよね…!

圧倒的な練習量で佐々木孝介監督も全幅の信頼を置く、駒大苫小牧のエース・北嶋洸太投手について特集してみました。

北嶋洸太の中学時代は函館東シニア出身

中学でも本格派右腕として活躍

入学早々にベンチ入りを果たすなど、1年生時から高いポテンシャルを見せつけていた北嶋洸太投手。出身は函館東シニアで、この頃からピッチャーとして活躍を見せていました。

1年夏に球速は130キロ台中盤をマークしていましたし、中学時代にも地元では本格派として有名だった投手です。

173cmの身長は投手として大型ではありませんが、磨光クラブから函館東シニアと進み着実に実力を磨いていたことが伺えます。

先輩・伊藤大海に憧れ

また北嶋洸太投手は駒大苫小牧のエースとして活躍した、函館東シニアの先輩にもあたるドラフト注目の伊藤大海投手(現苫小牧駒大)に幼い頃から憧れを抱いていたといいます。

2019春には変化球の握りや投球フォームなど、技術面でのアドバイスを本人から直接受けたことも室蘭支部予選での快投に繋がったと言えるでしょう。

伊藤大海投手は大学日本代表にも選出された154キロ右腕で、駒大苫小牧時代には甲子園のマウンドも経験していますから、北嶋洸太投手には先輩を越える活躍を期待してしまいますね!

Sponsored Link

駒大苫小牧・北嶋洸太は高卒でのドラフトに注目

伸びのあるストレートは球速以上

まず駒大苫小牧・北嶋洸太投手の魅力を語る上で、伸びのあるストレートは欠かせません。

2019春の段階で球速は144キロをマークしていますが、1年生時には最速137キロだったんですよね。下半身を徹底的に意識してきたと語る冬のトレーニングでは、相当追い込んだことは想像に難くありません。

春の室蘭支部予選では準決勝・決勝と2試合に完投して26奪三振の素晴らしい投球を見せたわけですが、真っ直ぐで空振りが取れる投手なのでこの数字も納得ですね…!

球場で観ていてもバッターが振り遅れる場面が非常に多かったですし、球速以上の伸びを感じました。


サイズ的には同じ2年生の本格派である、東海大菅生の147キロ右腕・藤井翔投手と近しいものがあるように感じます。

「球速にこだわりはない」と語っているものの、大きな武器として今後も注目が集まることは間違いないでしょう。

アウトコースへの制球力

質が高いストレートを投げられる北嶋洸太投手は、その制球力も高く評価されています。

特に右打者のアウトコースへのコントロールは素晴らしいものがありますね…!

駒大苫小牧の先輩・田中将大投手も楽天で野村監督のもと、アウトローのコントロールを徹底的に磨いていましたが、投手の生命線とも言える外角低めにしっかりと投げ切ることができるのは見事です。

一方でインコースへのボールが少々甘く入る場面も見受けられますので、この辺りの制球力がさらに高くなってくると、本格的に全国区のピッチャーとして名が知れていくのではないかと…!

Sponsored Link

ドラフト注目の駒大苫小牧・北嶋洸太は変化球も凄い

ドラフト注目の北嶋洸太投手は球速だけでなく、キレのある変化球も見ものです。

球種で特に目を引くのは精度の高いスライダーですね!

右打者へのストレートがアウトコースに決まることは前述の通りですが、同じコースで出し入れができるスライダーも打者としては手を焼くボールでしょう。

キレのあるボールが投げられるだけに、コースをしっかり突くことができれば相手打線の脅威となることは間違いありません。

左打者のインコースへ落とすボールが多くなるとさらに奪三振は多くなっていくでしょうし、縦の変化が上手に使えてくるといよいよ手が付けられない投手になるように感じます。

室蘭支部では同じくドラフト注目左腕の苫小牧中央・根本悠楓投手とは、2020シーズンも壮絶な投げ合いを見せてほしいものです…!

参考:根本悠楓(苫小牧中央)は中学日本代表|球速以上の魅力はツーシーム

Sponsored Link

ドラフト注目の北嶋洸太は駒大苫小牧でも全幅の信頼

2019年には2年生で背番号1を掴んだ北嶋洸太投手について、佐々木孝介監督は「彼がエース」と全幅の信頼を置いているのですが、その背景には圧倒的な練習量がありました。

常に全力で練習に取り組む姿勢はもちろん、自主練は佐々木孝介監督曰く「異常なほど」やるとのこと。

2018秋の全道大会ではセンバツ甲子園への出場を決めた札幌大谷と準決勝で対戦し、先発した北嶋洸太投手は5失点。この悔しさが冬を乗り切る原動力になったのでしょうね…!

公式戦前日にもみっちりと個人練習に励み、監督が止めたとのエピソードもあります。

駒大苫小牧は技術はもちろんのこと、精神面での強さを特に重んじるチームだと思いますし、それは甲子園優勝の難しさを実際に体験している佐々木孝介監督だからこその考え方だとも感じます。

その点、北嶋洸太投手は取り組む姿勢でもチームを牽引する存在として相応しい選手であることがわかりますよね!

球速以上にチームの大黒柱としても注目が集まる右腕ですから、甲子園のマウンドで躍動することを期待しつつ、今後の成長を応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック