2020ドラフト投手

明豊・若杉晟汰はドラフト期待|球速以上のキレに注目のイケメン左腕

2019秋から、明豊初の投手で主将の大役を任されることになった若杉晟汰(読み方は「わかすぎ せいた」)投手。

前チームからエースとして活躍していた好左腕で、2020ドラフトにも期待がかかります。

球速以上に速さを感じるストレートを武器に、抜群の安定感を誇るピッチャーなんですよね!

今後の更なる成長も楽しみな、明豊の若杉晟汰投手を特集してみました。

若杉晟汰は小学校から野球|中学時代の球速は?

珍しい左投げ右打ちの若杉晟汰投手ですが、小学校から軟式で野球をスタートしました。

中学から明豊中学に進み、この頃からピッチャーとして才能の片鱗を見せていましたね!

中学3年時には全国大会ベスト8の成績を残しており、中学時代からキレのある速球で有名な投手でした。


中学ですでに最速133キロをマークしていましたし、回転数の多い真っ直ぐは当時から健在だったと言えます。

同じく明豊で注目選手の一人である野上真叶(のがみまなと)外野手ともこの頃からチームメイトですから、今後の明豊の躍進にも大いに期待したいところです!

Sponsored Link

明豊・若杉晟汰は2020ドラフト期待

球速140キロ超えの真っ直ぐ

身長171cm・体重64kgの若杉晟汰投手ですが、やはり投球の軸はストレートですね!

2019秋の時点で最速143キロをマークしており、キレのある速球で打者を差し込んでいく場面は何度も目にしました。


回転数が多く、球速以上に速く感じさせるのも若杉晟汰投手の魅力と言えるでしょう。

140キロ台後半になると更に手が付けられない投手になっていくでしょうから、これから先の成長にも期待したいところです!

同世代では静岡商業・高田琢登投手もドラフト注目左腕として話題になっていますが、若杉晟汰投手も大いに高校野球ファンを沸かせてほしいですね。

参考:高田琢登(静岡商)の球速と奪三振に注目|中学日本代表のドラフトは

球種と精度にも注目

奪三振の多さにも注目が集まる若杉晟汰投手ですが、球種はカーブ・スライダー・チェンジアップを主に投げ分けています。

ストレートと同じ腕の振りから投げ込まれるスライダーは威力抜群で、空振りを奪える決め球としても見逃せません。

加えて内外への精度も非常に高く、安定感の面でもエースとして試合を作れる能力は十分に持ち合わせている投手です。

早くも2020年のU18日本代表候補としても名前が挙がるなど高い評価を受けていますし、布施心海選手ら打線にも前チームからの主力が残る明豊です。

若杉晟汰投手が甲子園で快投を見せてくれることにも期待していきたいですね!

参考:明豊・布施心海の打撃センスに注目|大阪桐蔭・福井元主将との絆も

Sponsored Link

若杉晟汰はイケメンエースとして明豊の顔に

ピッチングに期待がかかる若杉晟汰投手は、イケメンエースとしてルックスでも人気なんですよね。

グラウンドでの笑顔に魅せられている高校野球ファンも少なくありません。


同世代の明石商業・来田涼斗選手や智弁和歌山・細川凌平選手ら、ドラフト期待の野手もイケメンとして2019夏の甲子園で話題になっていましたしね…!

若杉晟汰投手には明豊の顔として、今後も期待して追い掛けていきたいと思います。

参考:来田涼斗がドラフト上位と言われる理由|豪快ホームランの柳田二世に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック