2020ドラフト投手

森畑侑大(創価)はドラフト期待|球速以上の将来性には大注目

創価で1年の2018秋からベンチ入りを果たし、2020夏には絶対的なエースとして期待をされている森畑侑大(もりはた ゆうだい)投手。

球速140キロを超えるストレートと縦の変化球を武器に、高い奪三振力を誇るドラフト期待の右腕です。

2019秋の東京大会では6試合を一人で投げ切り、創価のベスト4入りにも大きく貢献していましたね!

進路にも注目が集まっている、創価の森畑侑大投手を特集していきましょう。

参考:2020ドラフト候補の高校生投手【最新】目玉になれる逸材は?

創価・森畑侑大はドラフト期待の本格派

球速140キロ超

森畑侑大投手のピッチングでまず注目したいのが、球速140キロ超のストレートです。

2年の2019秋の時点で最速145キロをマークしていて、高校最後のシーズンで球速150キロの大台突破も十分にありえると見られていますね!

また、ランナーがいない場面でもセットポジションで投げるため、ランナーを背負っても球威が落ちないことも大きな強みになっています。

身長183cm・体重73kgと体格的にはやや細身に映りますが、体格的な面での伸びしろも十分と言えるでしょう。

角度も抜群

森畑侑大投手のストレートは球速だけでなく、183cmの長身を生かした角度も武器になっています。

身長だけでなく手足も非常に長いため、相手打者としても打ちにくいボールでしょうね…!

また、フォームに関しても最後まで左肩が開かず腕の振りも体に近いため、ギリギリまでボールが出てこないのも強みになっています。

Sponsored Link

ドラフト期待の森畑侑大は球速の伸びが凄い

ストレートは最速145キロを記録し、創価のエースとして期待されている森畑侑大投手ですが、中学時代は調布シニアの控え投手だったんだとか。

当時はストレートの最速も120キロ中盤で、そこから創価に入学して145キロまで球速を伸ばしたのですから驚異的な成長です…!

高校での球速20キロアップは森畑侑大投手としても大きな自信になっていることでしょう。

ちなみに調布シニアでは、同じくドラフト注目投手となって注目を集める国士舘・中西健登投手ともチームメイトでしたね。

お互いに高校に入ってから急成長を遂げていますから、それぞれ強豪のエースとして高校最後の夏もマウンドで躍動してほしいものです。

Sponsored Link

ドラフト注目の創価・森畑侑大は変化球もキレる

球速140キロ超のストレートに注目が集まっている一方で、森畑侑大投手はキレのある変化球も大きな魅力です。

主な球種としてはスライダー、フォーク、カーブの3種類で、特に手元で鋭く変化するスライダーのキレは見ものですね!

角度のあるストレートとのコンビネーションも素晴らしく、2019秋の東京大会では48回と2/3を投げ、45奪三振とイニング数に近い数字を残していました。

同じく2019秋の東京大会・豊南高戦では8回参考ながら、13奪三振で完全試合も記録していますし、創価のエースとして大きな期待がかかりますね!

Sponsored Link

森畑侑大は創価高校からドラフトに期待

最速145キロのストレートとキレのある変化球を武器に、2020ドラフト候補として注目を集めている森畑侑大投手。

強いて言えば制球力に課題は残るものの、力強いピッチングで大きな将来性を感じさせるピッチャーです。

創価に入学してから球速が20キロ以上アップしている成長ぶりも素晴らしいですし、底が知れない可能性を秘めている投手。

ポテンシャルとしては申し分ないだけに、2020夏の活躍次第では、今後の伸びしろを含めてドラフト上位での指名も十分にあるのではないでしょうか。

大型右腕では花巻東・松本遼大投手もスカウトから高く評価されていますが、森畑侑大投手には大いに期待してこの先も追いかけていきたいと思います。

参考:松本遼大(花巻東)はドラフト注目|球速以上の将来性で大化けに期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック