2020注目の投手

中西健登(国士舘)は抜群の安定感|調布シニア出身右腕が急成長

東京の強豪・国士舘で1年の2018秋からベンチ入りしている中西健登投手。

130キロ中盤のキレのあるストレートと多彩な変化球を武器にした投球が持ち味で、打者としても非凡な才能を発揮しています。

中学時代は強豪の調布シニアに所属し、チームの中心選手として全国大会も経験しましたね!

試合を重ねる度に急成長を見せている国士舘のエース、中西健登投手について特集していきましょう。

中西健登の中学時代は調布シニア出身

中西健登投手は東京都世田谷区の出身で、世田谷区立経堂小学の1年時に軟式のゴールデンコンドルで野球を始めました。

緑丘中学へ進学後は強豪の調布シニアに所属し、全国大会も経験。

その出身の調布シニアでは、中学時代に日本代表にも選出された東海大相模・吉沢悠佑選手とチームメイトでしたね!


また驚くことに中西健登投手は中学時代に投手の経験がなく、調布シニアでは主に外野手や捕手でプレーしていたんですよね…!

185cmの長身だったことから国士舘・永田昌弘監督に勧められて、投手に転向したとのこと。

投手経験がまだ浅いだけに伸びしろを感じさせますし、今後の活躍にも大きな期待が掛かります!

参考:吉沢悠佑(東海大相模)は中学日本代表|打撃センスに期待の注目株

Sponsored Link

国士舘・中西健登は抜群の安定感が魅力

優れた制球力

中西健登投手の武器の1つが、内外角にしっかり投げ分けられるコントロールの良さです。

身長185cm・体重70kgの体格から、長い手足を活かしたスリークォーター気味のフォームが特徴で、ズバズバとコースを突いていく制球力は目を見張るものがあります。

2019秋の東京大会準決勝・城東戦では九回を1人で投げ抜き、2安打無四球の完封。

球速は130キロ前半と驚くスピードはないものの、キレのあるストレートを投げ込み、打者を押し込んでいましたね!


また、右打者にとっては背中側から、左打者にとっては内側に食い込んでくるように感じるボールの角度も武器と言えるでしょう。

連戦の2試合を完封したスタミナもありますし、国士舘の絶対的なエースとして、今後もチームの中心になっていくでしょうね!

変化球も豊富

さらに中西健登投手は変化球にも定評があり、どの球種においても高い精度を見せています。

球種はカットボール・スライダー・シンカーを主に投げ分け、それぞれのボールをうまく織り交ぜて打者に的を絞らせません。

中でもシンカーの完成度は高く、2019秋の東京大会決勝・帝京戦でも多くの空振りを奪いました…!


帝京の名将・前田三夫監督も「あの球(シンカー)が打てなかったね」と試合後にコメントしていますし、攻略が難しいボールであったことは間違いありません。

野手陣には鎌田州真主将ら前チームから主力だった選手も残りますし、国士舘の躍進において中西健登投手のピッチングはますます注目度が高まりそうです。

参考:鎌田州真(国士舘)は打撃センス抜群|中学日本代表の大型野手に注目

Sponsored Link

中西健登は国士舘のエースとして急成長

投手を始めたのは高校からという中西健登投手ですが、2018秋には1年生ながら神宮大会で登板も果たしていて、国士舘に入学してから目覚しい成長を遂げています。

2019秋の東京大会でも準決勝、決勝と2試合連続で完封していますし、大黒柱として存在感が試合ごとに増していることは疑いようがありません。

身長185cm・体重70kgと細身な印象を受けますが、この先のトレーニングでさらに力強さを増していきそうですね!

また、中西健登投手は2019春のセンバツでは背番号15でベンチ入りしながらも、甲子園期間中の練習で右人差し指を負傷。登板できなかった悔しさも経験しています。

ほぼ同時期に怪我を味わった前チームからの主砲・黒澤孟朗選手らと共に、甲子園での活躍にも大いに期待していきましょう!

参考:国士舘・黒澤孟朗は金沢ヤング出身|独特フォームからの強打に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック