2020ドラフト投手

武田悠聖(札幌光星)はドラフト期待|球速と将来性は北海道屈指

南北海道の強豪・札幌光星で注目を集めている大型右腕の武田悠聖(たけだ ゆうせい)投手。

184cmの長身から投じる球速140キロ超のストレートを武器に、将来が楽しみな本格派です。

ワンランク上の投手へと進化を遂げそうな期待感があり、ポテンシャルの高さはプロのスカウトも認めるところ。

2020ドラフト指名にも期待がかかる、札幌光星の武田悠聖投手を特集していきましょう。

札幌光星・武田悠聖はドラフト期待の本格派

最速140キロ超

札幌光星で注目の武田悠聖投手ですが、その持ち味はやはり球威のあるストレートです。

2019シーズンで最速142キロをマークしており、140キロ台後半〜150キロの大台をマークする可能性も十分にあるでしょう。

身長184cm・体重87kgの恵まれた体格を活かしたピッチングは迫力満点。

100人以上の部員が集う札幌光星で、2年の2019春からベンチ入りを果たしている点も期待の表れに他なりません。

軸足にしっかりと力を溜めてから投げる、下半身主導の投球フォームも大きな魅力になっていますね!

角度も十分

武田悠聖投手の持ち味は球速だけではなく、長身を活かした角度のあるピッチングも魅力の1つです。

オーバースローから投げ込む球速140キロ台のストレートが低めに決まると、相手打者としてはなかなか手が出ませんね…!

高低差をうまく利用したピッチングは、精度が高くなってくると攻略も至難の業といえます。

バッターが高めのボール球に手を出すシーンが多いことも、武田悠聖投手の大きな強みと言えるでしょう。

Sponsored Link

札幌光星・武田悠聖の球速はまだ伸びる

フォームのバランス

札幌光星の武田悠聖投手は北海道でも上位のポテンシャルを秘めていますが、まだ伸び盛りである点も熱視線が注がれている理由といえます。

柔らかく綺麗な投球フォームはバランスも良く、球速は今後も伸びてくると見られていますね!

ゆったりとしたフォームから球持ちも良いため、手元でのノビは球速以上のスピードを感じるのではないでしょうか。

下半身の使い方が抜群

また武田悠聖投手は、下半身主導で上半身にうまく力を伝えていける投げ方をしており、その部分が球速にも繋がっています。

しっかりと鍛えられた強靭な足腰を使えるあたりも、武田悠聖投手の持ち味といえるのではないでしょうか…!

無名だった中学時代から合坂真吾監督に絶賛されてきたのも納得。リリースポイントなど荒削りな面も見受けられますが、武田悠聖投手の進化に期待せずにはいられません。

2019夏に南北海道大会準優勝を遂げた原田航介投手らと並んで、札幌から2020ドラフトを沸かせてくれる可能性は十分です!

参考:原田航介(札幌国際情報)はドラフト期待|球速以上の完成度に注目

Sponsored Link

武田悠聖は札幌光星からドラフトに期待

札幌光星の武田悠聖投手は未だ全国的な知名度こそ高くないものの、高いポテンシャルを秘めた右腕だけにドラフトへの期待も膨らみます。

2020シーズンはアピールできる機会が例年より少ないため、限られたチャンスでも最大限の結果を残してほしいところ。

ロマンがある大型右腕だけに、プロのスカウトとしても見逃せないでしょう…!

南北海道大会で道内屈指の左腕・根本悠楓投手らとの投げ合いが実現すれば、多球団が球場に集まることは必至。

2020ドラフト指名に期待しつつ、札幌光星の武田悠聖投手をこれからも応援していきましょう!

参考:根本悠楓(苫小牧中央)はドラフト期待|中学日本代表は球速も全国区

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック