2020ドラフト投手

内星龍(履正社)はドラフト期待|球速に注目の大型右腕は覚醒なるか

大阪の強豪・履正社で活躍に期待がかかる大型右腕・内星龍(読み方は「うち せいりゅう」)投手。

身長190cmから投げ下ろす球速140キロ超のストレートを武器に、2020ドラフト候補としても注目を集めています。

ポテンシャルが高く将来性は十分だけに、高校最後となる2020シーズンでの覚醒にも期待ですね…!

履正社投手陣の一角として全国にその名を轟かせる日が楽しみな、内星龍投手について特集していきましょう。

参考:履正社の2020新入生を特集!注目選手が集結の豪華メンバーに期待

ドラフト注目の履正社・内星龍は球速に期待

大型右腕として2018年の入学当初から注目を集めていた、履正社の内星龍投手。

身長190cm・体重84kgの恵まれた体格から投げ込む、球威抜群のストレートが投球の軸になる本格派右腕です。

2019秋の時点で最速143キロをマークしており、2020シーズンでは履正社投手陣の軸となる成長にも期待が高まります。

新チームとなってからは公式戦での登板こそないものの、2019秋には練習試合を含めエース右腕の岩崎峻典投手に次ぐ11試合に登板していました。

球速150キロの大台も射程圏内ですし、スケールの大きさも申し分ないだけにドラフト候補としても高校野球ファンを賑わせてくれる可能性は十分ですね!

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

Sponsored Link

ドラフト期待の履正社・内星龍は奪三振率の高さも

球速150キロの大台突破に期待がかかる内星龍投手ですが、奪三振率の高さにも定評があります。

2019秋の新チーム発足後には40回1/3を投げて奪三振が44と、イニング数以上の数字を残しているんですよね…!

この数字は見事ですし、甲子園や大阪大会で強豪を相手にどこまでのピッチングが出来るかには否が応でも注目が集まります。

履正社には同じく球速140キロ台中盤のストレートを投げ込む衣笠遼投手も控えていますし、熾烈なマウンド争いからも目が離せません…!

参考:衣笠遼(履正社)は球速に期待|オリックス出身右腕はドラフトなるか

Sponsored Link

履正社・内星龍はドラフトにも期待の投手

大型右腕としての将来性

履正社投手陣の一角として成長が楽しみな内星龍投手ですが、やはり2020ドラフトでの指名にも期待がかかります。

実際に履正社では前述の二人のほか主軸を務めるスラッガー・関本勇輔選手らもスカウトの注目を集めていますし、2020世代の履正社は逸材揃いなんですよね…!

そのなかでも190cmの長身を誇る内星龍投手はドラフトを狙える投手だと思いますし、甲子園の舞台で全国を沸かせるだけのポテンシャルは十分に秘めています。

高校ラストシーズンで覚醒を

また内星龍投手は小学時代に阪神タイガースジュニアにも選出されており、大型右腕として話題性も十分。

層の厚い履正社投手陣のなかで存在感を示すことはドラフトへの絶対条件になりますから、ぜひとも覚醒した姿を見せつけてほしいものですね!

履正社の躍進と共に、高校最後の2020シーズンで見せる内星龍投手の進化を応援していきたいと思います。

参考:関本勇輔(履正社)はドラフト注目|中学での強肩も凄いイケメン捕手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック