2020ドラフト投手

川崎翔陽(金沢龍谷)はドラフト注目|期待の球速はどこまで伸びるか

甲子園初出場を目指す石川・金沢龍谷で1年の2018夏からベンチ入りメンバーに選ばれ、公式戦のマウンドも経験していた川崎翔陽投手。

球速150キロに迫る、力のあるストレートを武器にする本格派右腕です。

2019夏の石川大会3回戦・金沢市工戦では6回1失点の好投を見せ、チームを2010年以来の石川大会ベスト8に導きましたね!

甲子園出場はもとより、ドラフトにも期待がかかる金沢龍谷の川崎翔陽投手について特集してみました。

川崎翔陽の中学時代は愛知港ボーイズ出身

右投げ右打ちの川崎翔陽投手は愛知県名古屋市の出身で、名古屋市立愛知小学校で野球を始めました。

名古屋市立長良中学への進学後には、硬式野球チームの愛知港ボーイズに入団。

川崎翔陽投手が入団した当時は愛知港ボーイズも創部まもない時期で、川崎翔陽投手の世代が1期生だったようですね!

上級生がいない状況だったため、試合経験も多く積むことができたと思いますし、川崎翔陽投手の成長にも繋がったのではないでしょうか。


愛知港ボーイズでエースとして活躍していた川崎翔陽投手は、地元愛知の高校ではなく石川の金沢龍谷に進学。

金沢龍谷でも1年夏から公式戦デビューを果たし、先頭打者からいきなり三球三振を奪うなど、早くから活躍をみせていましたね!

Sponsored Link

金沢龍谷・川崎翔陽はドラフト注目の本格派

2019夏の石川大会3回戦・金沢市工戦で見せた好投をきっかけに、2020ドラフト候補として名前が上がるようになった川崎翔陽投手。

その川崎翔陽投手の武器はやはり、ストレートを軸にした力で押すピッチングでしょう。

前述の金沢市工戦では青山弘和監督から「細かいことを気にせず押していきなさい」とアドバイスを受け、思い切って腕を振ったボールで148キロの球速をマークしました。


北信越地区にはドラフト注目の敦賀気比・笠島尚樹投手をはじめ好投手が多く揃っていますし、2020年の戦いはハイレベルな投げ合いにも期待です!

参考:笠島尚樹は球速より速い|ドラフト候補は変化球のキレも注目

Sponsored Link

金沢龍谷・川崎翔陽の球速はどこまで伸びる?

2019夏に最速148キロを記録し、同世代では明石商業・中森俊介投手、常総学院・菊地竜雅投手に次ぐスピードを誇る川崎翔陽投手。

この際にも自己最速を一気に5キロ更新しているだけに、これから球速が150キロを超える可能性は十分に秘めている投手です。


大柄な体格も将来性を感じさせますし、どこまで球速を伸ばすかは大いに期待していきたいですね…!

もちろん球速だけが好投手の条件ではありませんが、直球で球場を沸かせられる選手ですから、その成長からは目が離せません。

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

Sponsored Link

川崎翔陽は金沢龍谷を甲子園へ導けるか

ドラフト候補として期待がかかる一方で、川崎翔陽投手には甲子園出場の夢も託されています。

金沢龍谷の最高成績は2010年の石川県大会準優勝で、それ以来一度も決勝まで進んでいません。

実際のところ2019夏の甲子園準優勝の星稜をはじめ、日本航空石川や遊学館など石川地区はかなりハイレベルな顔ぶれなんですよね…!

ただ金沢龍谷には川崎翔陽投手の他にも、1年生ながら頭角を現している井上透摩投手もいますし、高い投手力で2020年の戦いには注目が集まります。

川崎翔陽投手が球速150キロ超えを果たすことにも期待しつつ、初の甲子園出場を目指す金沢龍谷も共に応援していきましょう!

参考:井上透摩(金沢龍谷)はドラフト期待|中学で東海選抜の大型左腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック