2020ドラフト投手

常総学院・菊地竜雅の中学時代の球速は?ドラフト注目の150キロ右腕

力のある投手が揃う常総学院の中でも特にポテンシャルの高さが際立つ本格派右腕・菊地竜雅(きくち りゅうが)投手。

以前からストレートには定評のある投手ですが、2019夏の茨城大会では自己最速の148キロを更新する150キロをマークしました。

大台到達も時間の問題かとは思っていたものの、2年夏に乗せてくるあたりさすがですよね。夏の戦いでまだまだ伸びそうな雰囲気すら漂っています…!

この記事では中学時代の球速なども含め、ドラフト注目の常総学院・菊地竜雅投手を詳しく見ていきましょう。

菊地竜雅は中学時代から球速が凄かった

ストレートに注目が集まる菊地竜雅投手は取手シニアの出身で、当時からピッチャーとして活躍していました。

中学時代から本格派として鳴らした右腕は、中学3年で最速137キロをマーク。

140キロ近い球速を誇るストレートを投げ込んでいたわけで、高校1年で144キロを記録したことも納得ですね…!


出身の取手シニアでは全国ベスト16を経験したほか、身長180cm・体重79kgと中学卒業時にも恵まれた体格でしたし、高いポテンシャルを秘めていたことは間違いありません。

同じくドラフト候補として注目されているキャッチャー・中山琉唯主将とのバッテリーは非常に楽しみですね!

参考:中山琉唯(常総学院)は日本代表|ドラフト注目捕手は小山ボーイズ出身

Sponsored Link

常総学院・菊地竜雅はドラフトにも期待の逸材

伸びのあるストレート

常総学院の150キロ右腕・菊地竜雅投手ですが、ストロングポイントはやはりストレートでしょう。

球速もさることながら伸びのある真っ直ぐを投げられることが素晴らしく、スピンがきいたストレートは初速と終速がほぼ変わりません。


球速150キロをマークした2019夏の東洋大牛久戦では8回を4安打無失点に抑えており、この試合でもストレートでどんどん差し込んでいくピッチングが光りました。

浦和実業の2年生右腕・豆田泰志投手も「わかっていても打てない」真っ直ぐで有名ですが、菊地竜雅投手のそれも常総学院にとっては大きな武器になりますね!

菊地竜雅投手は球威抜群のストレートを投げる藤川球児投手を参考にしているそうで、質の良いボールはこれから注目度を増していくでしょう。

参考:浦和実業・豆田泰志の奪三振が凄い|中学時代には東日本最速の注目株

Sponsored Link

まだまだ成長段階の球速

150キロをマークしたとはいえゴールではなく、菊地竜雅投手は球速もまだまだ伸びるポテンシャルを秘めたピッチャーです。

中学時代に137キロだった球速は高校1年の2018秋に144キロをマーク。

順調に成長を遂げていることが見てとれますし、ひと冬越えて下半身が一回り多くなった印象も受けますね。

気になるのは2018秋に負った肩の怪我ですが、力任せに上体で投げていたことを菊地竜雅投手本人も自覚してフォームの改善に努めたんだとか。

かなりのスピードボールを投げ込む本格派だけに、今後も怪我だけは気を付けてほしいところです…!

Sponsored Link

ドラフト注目・菊地竜雅は制球力でも成長

菊地竜雅投手はストレートのほかに縦のスライダーなどを織り交ぜて投球を組み立てますが、以前はコントロールにバラつきが見られ安定感に欠ける印象でした。

球速に自信のある投手にありがちな、力任せの投球が目立っていたことは傍から見ても明らかでした。

しかし下半身を意識してフォームを固めたことによって制球力は格段にアップし、先発した東洋大牛久戦でも与えた四球はゼロと、大きく成長した姿をマウンドで見せています。


一條力真投手とエースを争う中でさらなる進化を見せてくれるでしょうし、世代を代表する本格派として大いに実力を見せつけてほしいものです!

参考:一條力真(常総学院)は中学で県選抜|球速と将来性に期待の長身右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック