2020ドラフト投手

氏家蓮(大崎中央)はドラフト期待|球速以上の回転数はプロでも上位

宮城の大崎中央でエースとして活躍する注目右腕の氏家蓮(うじいえ れん)投手。

最速150キロ超のストレートを武器に、2020ドラフト候補としても期待が高まります。

球速はもちろんのこと、回転数の多いボールは質の高さもずば抜けている投手なんですよね…!

ドラフトにも期待の大崎中央・氏家蓮投手について特集していきましょう。

大崎中央・氏家蓮はドラフト期待の速球

最速150キロ超

高校入学時は捕手でプレーしており、決して目立つ選手ではなかった大崎中央の氏家蓮投手。

入学後まもなく、平石朋浩監督にその才能を見込まれて投手に転向しました。

その後は監督が見込んだとおり投手としての才能は大きく開花し、一気にドラフト注目の投手にまで上り詰めましたね!

身長171cm・体重74kgと大柄ではないものの下半身がしっかりしており、球威抜群のストレートは最速151キロをマークしています。

ここぞという場面では特に、1つギアをあげたストレートは間違いなく高校トップクラスのボールと言えるでしょう。

球速は20キロ以上アップ

2020年6月の時点で最速151キロと、高校トップレベルの球威を誇る氏家蓮投手ですが、投手に転向した当初から球速が自慢だったわけではありません。

毎日朝・晩に1kgの白米を含む食事を欠かさず、自身が苦手だと話す股関節のストレッチも継続しておこなってきました。

筋力アップと下半身を中心に柔軟性を磨いてきた結果、投手に転向した当初から20キロ以上も球速がアップ。

球速150キロ超のスピードボールを投げ込むようになったのは、まぎれもない氏家蓮投手の努力の結晶ですね!

同世代では常総学院・菊地竜雅投手らと並んで、全国屈指の本格派といえる投手です。

参考:常総学院・菊地竜雅の中学時代の球速は?ドラフト注目の150キロ右腕

Sponsored Link

ドラフト期待の大崎中央・氏家蓮は回転数も凄い

2020ドラフトにも期待が高まる大崎中央の氏家蓮投手ですが、驚くべきはその球速だけでなく、ボールの「回転数」です。

氏家蓮投手のストレートはNPB平均の2200回転を大きく上回る「2500回転」という質の高さを誇ります。

ちなみに2019ドラフトの目玉と呼ばれ、1位で広島カープに入団した森下暢仁投手が2460と言われており、それが2500回転ですから高校生レベルのバッターでは到底歯が立たないのも納得ですよね…!

球速だけでなく質の高さも兼ね備えているあたりも、氏家蓮投手が逸材であることを証明しています。

Sponsored Link

大崎中央・氏家蓮はマウンド度胸にも注目

高校トップレベルのストレートに注目が集まる一方で、氏家蓮投手はマウンド度胸も満点です。

投手転向からまもない頃の強豪・青森山田戦でも「気持ちで向かっていくだけ」というコメントを残していましたが、強気で投げ込んでいくピッチングは見ていても気持ちが良いですね!

氏家蓮投手が打たれにくい理由はキレのある速球のほか、物怖じしないメンタルも見逃せないでしょう。

同じく宮城では仙台育英の左腕・向坂優太郎投手もドラフト期待の投手として注目を集めていますから、高校最後の夏の激突にも期待しています…!

参考:向坂優太郎(仙台育英)は球種で翻弄|球速だけじゃない左腕の意地

Sponsored Link

氏家蓮は大崎中央からのドラフトに期待

大崎中央のエースとして成長が楽しみな氏家蓮投手ですが、やはり2020ドラフトへの期待感も高まります。

最速150キロ超の球速はもちろん、球質も素晴らしいものを持った投手だけにプロのスカウトとしても見逃せないでしょう。

変化球の精度などは課題として残るものの長所がずば抜けている投手ですし、将来性の面でも大いに期待したいですね…!

さらなる進化を楽しみに、大崎中央のドラフト候補・氏家蓮投手を応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック