2020ドラフト投手

大久保瞬(盛岡大付)はドラフト期待|球速も急成長で奪三振に注目

岩手の強豪・盛岡大付で、1年の2018秋にベンチ入りしていた大久保瞬(おおくぼ しゅん)投手。

身長172cmと大柄ではないものの、サイドハンドから投げ込む球速140キロ台中盤のストレートは抜群の球威を誇ります。

2019秋の大会でも重要な試合で先発のマウンドを任され、東北大会ベスト4にも貢献していましたが、いよいよ2020ドラフト候補にも名前が挙がってきましたね…!

急成長を遂げて話題になっている、盛岡大付の大久保瞬投手を特集していきましょう。

参考:盛岡大付の2020新入生は?メンバーは猛打に期待の打者がズラリ!

ドラフト期待の盛岡大付・大久保瞬は球速に注目

サイドから最速140キロ超

盛岡大付で投手陣の柱となる大久保瞬投手の武器は、やはり最速140キロ超えのストレートです。

2019秋には130キロ台だった球速が、2020夏を前に最速145キロをマークする成長ぶり。

急成長の要因の1つは冬場に行ったフォームの修正で「体が開いて、前に行っていた」と感じていた大久保瞬投手は、ゴムチューブを使って軸足に体重を乗せ、前に強く蹴りだす動きを身体に叩き込んだといいます。

身長172cm・体重70kgと将来的にはまだ一回り大きくなるでしょうし、さらなる球速アップも十分に見込めるピッチャーと言えるでしょう。

ナチュラルに変化する球筋

ストレートの球速に注目が集まっている大久保瞬投手ですが、ナチュラルにシュートする独特の球筋も持ち味になっています。

特に右打者のインコースへのボールはかなり有効で、変化球とのコンビネーションも抜群。

2019秋の岩手大会決勝・花巻東戦では、2点差で迎えた八回表にドラフト注目の水谷公省選手と激突し、強気に内角を攻めてショートフライに打ち取りました。

このさきも強気に攻める姿勢で強打者を打ち取り、岩手大会で存在感を放ってほしいですね!

参考:水谷公省(花巻東)はドラフト注目|怪我から復帰でホームランに期待

Sponsored Link

ドラフト期待の大久保瞬は変化球も豊富

球速140キロ超のストレートで相手打者を押し込んでいく一方で、多彩な変化球でも打者を手玉に取っている大久保瞬投手。

主な球種はスライダー・シンカー・カーブの3種類で、それぞれのボールが高い精度を誇っています。

2019秋まではスライダーとシンカーのみだったところから、カーブを習得したことで左右の変化にくわえ、縦の変化と緩急が使えるようになり投球の幅が大きく広がりました…!

変化球でカウントが取れるコントロールも磨かれているだけに、2020夏の岩手大会でも大会屈指の右腕として注目を集めるでしょう。

Sponsored Link

盛岡大付・大久保瞬は奪三振でもドラフト注目

球速140キロ超のストレートとキレのある変化球を武器に、奪三振が多いのも大久保瞬投手の魅力です。

2019秋の東北大会2回戦・弘前東戦では、2回の三者連続三振を含む、14奪三振の完封劇を見せました…!

やはり右打者内角へのストレートと外角へのスライダーはかなり有効で、弘前東戦でも決め球として多く使われていましたね!

2020シーズンに向けては前述のとおりカーブも習得していますし、緩急を使うことでより三振も奪いやすくなるのではないでしょうか。

2019ドラフトでは千葉ロッテマリーンズから4位指名を受けた専大松戸出身の横山陸人投手も、サイドから球速150キロに迫る速球を投げていましたし、大久保瞬投手の活躍にも注目ですね!

Sponsored Link

大久保瞬は盛岡大付からドラフトへ

盛岡大付で投手陣の軸として力強い投球を見せ、2020ドラフトでも指名への期待が高まる大久保瞬投手。

インコースへも臆することなく投げ込める度胸もありますし、堂々としたマウンドさばきも活躍を予感させますね…!

岩手には花巻東の松本遼大投手をはじめドラフト期待の好投手が揃っていますから、その中で2020夏の大会を勝ち抜いていけば一気に注目が集まることは間違いありません。

盛岡大付の躍進には欠かせない存在だけに、高校最後の夏も楽しみにしたいところ。

2020ドラフトで指名される力を十分に秘めている投手ですから、岩手大会でのさらなる飛躍に期待していきましょう!

参考:松本遼大(花巻東)はドラフト注目|球速以上の将来性で大化けに期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック