2020ドラフト投手

三宅海夢(立正大淞南)はドラフト期待|球速とノビに注目の剛腕

島根の立正大淞南で下級生からベンチ入りを果たし、投手陣の柱になっている三宅海夢(読み方は「みやけ かいむ」)投手。

最速150キロに迫るストレートを武器に、世代屈指の本格派投手として注目を集めています。

中学時代は浜田ボーイズの中心で活躍し、全国大会出場にも貢献していましたね!

2020ドラフトでも指名への期待がかかる、立正大淞南の三宅海夢投手を特集していきましょう。

三宅海夢の中学時代は浜田ボーイズで全国出場

右投げ右打ちの三宅海夢は島根県の出身で、中学時代は硬式野球チームの浜田ボーイズに所属していました。

その浜田ボーイズでも主力で活躍し、中学3年時には全国大会にも出場。

主に外野のポジションでプレーしてチーム初の全国大会ベスト16進出にも大きく貢献していましたね!

ちなみに浜田ボーイズの後輩には、東海大相模に進んだスラッガー・笹田海風選手ら注目選手も多いため、これから先でも話題になるのではないでしょうか…!

Sponsored Link

立正大淞南・三宅海夢はドラフト期待

最速150キロ間近

立正大淞南のエースとして2020夏の島根大会でも活躍が期待されている三宅海夢投手ですが、やはり注目したいのはストレートです。

2年の2019夏の時点で球速143キロをマークしていましたが、2020シーズンに入ってからは最速146キロを記録。

球速150キロの大台も、極めて現実的になってきていますね…!

2019秋の大会終了後からは肉体改造とフォーム改善に着手し、筋力アップと軸足の膝が潰れる癖の改善に取り組みました。

その成果が表れて球速アップにも成功していますから、2020夏の島根大会でも力でねじ伏せるような投球に期待したいですね!

高めのノビが凄い

球速150キロの大台突破に期待が高まる三宅海夢投手ですが、ストレートのノビも大きな武器になっています。

特に指にかかった高めのストレートは威力抜群で、空振りを狙って奪えるほどのノビを見せていますね!

2019オフに取り組んだフォーム改善で体重移動もスムーズになり、力みなく投げれるようになったことで、ストレートの質も大きく向上しました。

島根では石見智翠館の佐藤辰憲投手も最速147キロを記録していますし、2020夏の島根大会では二人の投げ合いもぜひ見てみたいですね!

Sponsored Link

ドラフト期待の三宅海夢は変化球にも注目

世代屈指の威力を誇るストレートだけでなく、変化球においても高い精度を見せている三宅海夢投手。

主な球種はスライダー、チェンジアップ、カットボールの3種類で、中でもキレのあるカットボールは見ものです。

打者の手元で鋭く変化するカットボールは、ストレートとのコンビネーションも抜群ですね!

2019夏の島根大会3回戦・矢上戦では変化球を効果的に使い、8回無失点11奪三振の好投でチームの勝利にも貢献しました。

また2020夏の島根大会1回戦・松江商戦でも1安打完封の好投を披露していましたから、さらなる活躍にも大いに期待していきたいですね!

Sponsored Link

三宅海夢は立正大淞南からドラフトへ

世代屈指の速球派投手として注目を集め、2020ドラフトでも期待が膨らむ三宅海夢投手。

高めのストレートは球威抜群で、プロの世界でもぜひ見てみたいところ。スカウトとしても目が離せない高校生投手の一人といえるでしょう。

変化球でもストライクを取れる制球力があるピッチャーですから、島根からドラフトを沸かせてくれることに期待ですね!

立正大淞南では二塁送球タイム1秒87の谷川唯人捕手とドラフト注目のバッテリーで、2020夏の島根大会でも躍進が楽しみなチーム。

三宅海夢投手の快投にも注目しつつ、ドラフト期待の右腕を追いかけていきましょう。

参考:谷川唯人(立正大淞南)はドラフト期待|二塁送球タイムに注目の強肩捕手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック