2020ドラフト野手

谷川唯人(立正大淞南)はドラフト期待|二塁送球タイムに注目の強肩捕手

島根の立正大淞南で2018春から背番号12でベンチ入りしていた谷川唯人(たにがわ ゆいと)選手。

プロ並みの強肩を武器にするドラフト注目のキャッチャーで、実際にスカウトからも熱い視線を注がれています。

中学時代は島根県選抜にも選出され、全国大会も経験するなど当時からポテンシャルの高さが際立っていた選手ですね…!

2020ドラフトでも指名に期待のかかる、立正大淞南の谷川唯人選手を特集していきましょう。

谷川唯人の中学時代は島根県選抜

右投げ右打ちの谷川唯人選手は小学1年から野球を始め、小学4年から捕手を務めています。

安来市立第一中学への進学後には軟式野球部に所属し、中学3年時にはチームでの活躍と実力が評価されてKボールの島根選抜に選出。

出場したU-15全国KWB野球秋季大会でも主力でチームを牽引し、島根選抜のベスト4に大きく貢献しました。

立正大淞南でも入学早々の春からベンチ入りを果たすなど早い時期から試合経験を積んでいますし、2020夏の島根大会でも存在感を放ってほしい選手ですね!

Sponsored Link

立正大淞南・谷川唯人はドラフト期待の捕手

二塁送球タイムはプロ並

谷川唯人選手が注目を集めている理由の1つは、プロ顔負けの二塁送球タイムです。

プロでも2秒を切るのがひとつの目安と言われている中で、二塁送球タイムは1秒85をマーク。

2020夏の島根大会1回戦・松江商戦では六回二死一塁から、盗塁を試みた一塁ランナーを1メートルほど余裕をもってアウトにしましたね…!

この送球を見せられたら相手チームはほとんど盗塁を仕掛けられないでしょうし、大きなプレッシャーになることは間違いありません。

遠投123メートルを記録するなど、谷川唯人選手は文句なしに高校野球界トップクラスの強肩の持ち主です。

スローイングの安定感も

プロ顔負けの二塁送球タイムを誇る谷川唯人選手は、スローイング安定感も素晴らしいものを見せています。

フットワークの良さも光っていますし、イニング間のセカンドスローでもコンスタントに1秒9付近のタイムを記録。

ブレないスローイングを見るに、練習からしっかり実戦を意識して取り組んでいることが伺えます。

「高校生キャッチャーとしてレベルが高い」と巨人や阪神のスカウトが語るなど高い評価を受けていますから、2020ドラフトでも注目したい捕手ですね!

Sponsored Link

ドラフト期待の谷川唯人は打撃も楽しみ

圧倒的な強肩に注目が集まっている一方で、打撃でも結果を残している谷川唯人選手。

2020夏の初戦・松江商との試合でもタイムリーを放つなど3打数1安打1打点。2四死球で出塁もしています。

スイングスピードの速さはあるだけに、これからミート力が向上して確実性がアップすれば、更にスカウトの評価を上げるのではないでしょうか…!

加えて、50メートル6秒3を記録している脚力も攻守で楽しみなところ。磐田東・二俣翔一選手らと並んで、高校生の強肩捕手としてドラフトを沸かせてくれそうですよね…!

総合力の高さでもポテンシャルに期待が持てますし、日本を代表する捕手へと成長してほしいものです!

参考:二俣翔一(磐田東)はドラフト期待|二塁送球タイムも注目の強肩強打

Sponsored Link

谷川唯人は立正大淞南からドラフトへ

プロ顔負けのセカンド送球タイムを記録していて、プロのスカウトからも高い評価を受けている強肩捕手・谷川唯人選手。

立正大淞南の同世代には最速150キロ間近の三宅海夢投手もいて、島根大会でも優勝候補として注目されています。

2020夏の島根大会1回戦・松江商戦には10球団15人のスカウトが視察に来ていましたし、立正大淞南から複数選手のドラフト指名にも期待がかかりますね!

強肩強打の捕手として注目を集める、谷川唯人選手の成長をこれからも追いかけて行きたいと思います!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック