2020ドラフト野手

二俣翔一(磐田東)はドラフト期待|二塁送球タイムも注目の強肩強打

静岡の磐田東で1年の2018夏からショートで試合に出場し、その後はコンバートで2019春からは正捕手を任されていた二股翔一(ふたまた しょういち)選手。

高校トップレベルの強肩を誇る一方で、高校通算20本のホームランを放っている打力の持ち主でもあります。

投手としても球速144キロを計測するポテンシャルを秘めており、身体能力の高さが光る楽しみな選手ですね…!

2020ドラフト候補として注目の、磐田東・二股翔一選手を特集していきましょう。

ドラフト注目の磐田東・二俣翔一は強肩が凄い

二塁送球タイムはプロ級

磐田東の二股翔一選手はドラフト候補として期待が高まりますが、特に強肩ぶりは群を抜いています。

遠投120メートルを放る高校屈指の強肩捕手で、二塁送球タイムは驚異の1秒7台を計測しているんですよね…!

捕球から握り替えのスピードや身のこなしなど、プロのスカウトが唸るのも納得と言えるでしょう。

二塁送球タイム1秒7はプロ野球でも上位に入る速さですし、静岡の高校野球を沸かせてくれる存在であることは間違いありません。

投手でも球速144キロ

捕手としてスカウトから視線が注がれる二股翔一選手は、投手でも身体能力の高さを見せつけています。

マウンドでは最速144キロを計測するほどのポテンシャルを秘めており、まさに高校トップクラスの捕手と言えるでしょう。

履正社・関本勇輔選手らと共にドラフトでも楽しみな選手だけに、近い将来、プロ屈指の俊足ランナーと二股キャノンが対峙する日が今から楽しみです!

参考:関本勇輔(履正社)はドラフト注目|中学での強肩も凄いイケメン捕手

Sponsored Link

ドラフト注目・二俣翔一の高校通算ホームランは?

二股翔一選手は肩の強さに注目が集まる一方で、「打てる捕手」であることも見逃せません。

2019秋の時点で高校通算ホームランは20本にのぼっており、バッティングでの成長も著しい右打者です。

2020春の練習試合では「一番・キャッチャー」で試合に出場し、2打席連続ホームランを含む6打数6安打9打点、サイクル安打達成の大暴れでした…!

打撃面の成長が著しい二股翔一選手ですが、自身が憧れの存在という森友哉選手(西武ライオンズ)のような「打てる捕手」を目指し、2019冬にしっかりとバットを振り込んできたとのこと。

視察に来たプロのスカウトからも「肩だけでなく振れる力がついてきた」とコメントされるなど評価も高くなっていますから、ドラフトへの期待は膨らむばかりです!

Sponsored Link

磐田東・二俣翔一は身体能力もドラフト期待

ドラフト期待の二股翔一選手は強肩強打の捕手でありながら、俊足を兼ね備えている点も見逃せません。

50メートル6秒2で駆け抜ける脚力の持ち主で、長打が非常に多いのは俊足が確実に影響しています。

一般的にあまり多くはない磐田東での「一番・捕手」の起用も納得ですし、相手チームからすると先頭打者で二俣翔一選手と対峙するのは嫌でしょうね…!

その瞬発力は攻撃面のみならず、キャッチャーフライやバント処理などの守備面にも大きく影響しているように思えます。

また二股翔一選手は身長178cm・体重72キロと、体格的にもまだまだ伸びしろがある選手だと言えるでしょうから、将来性の観点でも大いに注目を浴びてほしいですね!

Sponsored Link

二俣翔一は磐田東からのドラフトに注目

磐田東の二股翔一選手は全国的な知名度こそまだないものの、今後さらに伸びていくポテンシャルを秘めています。

すでにプロ志望届を提出する意向を示しており、貪欲に高いレベルに挑戦していきたい気持ちを持った、意識の高い選手であることは間違いありません。

高田琢登投手らと並んで静岡からドラフトを沸かせてくれるであろう選手だけに、高校野球最後のシーズンでのアピールにも注目していきましょう。

2020ドラフトでの指名にも期待しつつ、二股翔一選手の今後の更なる飛躍から目が離せません!

参考:高田琢登(静岡商)はドラフト期待|球速だけじゃない中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック