2020ドラフト投手

有馬太玖登(都城東)はドラフト期待|球速とスライダーのキレが凄い

宮崎の都城東で1年の2018春から、投手として公式戦デビューを飾っていた有馬太玖登(ありま たくと)投手。

スリークォーターから球速140キロ台中盤のストレートと、多彩な変化球を操る九州屈指のドラフト注目右腕です。

中学時代は宮崎シニアで全国大会に出場した経験もありますが、全国区になるだけの実力は十分に秘めていますね…!

2020ドラフト注目投手として期待の、都城東・有馬太玖登投手を特集していきましょう。

有馬太玖登の中学時代は宮崎シニア出身で全国出場

有馬太玖登投手は宮崎市立生目台中学の出身で、野球では宮崎シニアに所属していました。

宮崎シニアでは中学3年の春に、チームの全国大会出場にも貢献。当時からポテンシャルが高く、光るものを見せていた選手ですね。

都城東でも入学早々に2018春の大会で公式戦に出場していますし、中学時代から優れた実力の持ち主だったことが伺えます。

Sponsored Link

都城東・有馬太玖登の球速はドラフト期待

最速150キロ間近

都城東・有馬太玖登投手の最大の武器は、なんといっても最速150キロに迫るストレートでしょう。

身長177cm・体重82kgと均整のとれた体格で、スリークォーターから投げ込むストレートは球威抜群。

2年の2019春には最速146キロをマークしており、ドラフトの目玉とも言われる明石商業・来田涼斗選手からも三振を奪っていましたね!

強力打線の明石商業を相手に実力を見せつけたピッチングは、有馬太玖登投手の知名度を急上昇させました。

都城東で本格的に投手で主力となったのは2年からというのが驚きでしかないですが、高校で球速150キロをマークする可能性も十分ではないでしょうか…!

スリークォーターからキレも抜群

有馬太玖登投手は球速はもとより、スリークォーターから投じる点にも注目です。

ノーワインドアップから左足を高く上げ、ややインステップ気味に踏み込みますが、右肘の使い方がしなやかなためボールが遅れて出てくるような印象を受けます。

球速150キロに迫るストレートはバッターの手元での伸びも十分ですし、球速以上にスピードを感じさせる投手でもありますね!

ストレートで空振りを多く奪えるのは有馬太玖登投手の大きな魅力と言えるでしょう。

同じくスリークォーターからスピードボールを投げる瀬田工業・小辻鷹仁投手らと共に、2020ドラフトを盛り上げてほしい投手です!

参考:小辻鷹仁(瀬田工業)はドラフト期待|球速の伸びが異次元の将来性

Sponsored Link

ドラフト期待の都城東・有馬太玖登は変化球も注目

都城東で注目を集める有馬太玖登投手は、ストレートを軸としたピッチングが持ち味ですが、多彩な変化球も見逃せません。

球種としてはスライダー・フォーク・ツーシームを主に投げており、特に決め球として投じるスライダーのキレが抜群です。

ストレートの軌道から外に逃げていくスライダーはスリークォーターならではの武器ですし、ストレートとのコンビネーションで奪三振数が多いのも納得。

ストライクゾーンを横に広く使える投手だけに、右打者のアウトコースへの出し入れがより精度を増すと、プロの世界でも十分通用する投手に成長するのではないでしょうか。

Sponsored Link

有馬太玖登は都城東から2020ドラフトに期待

都城東の大黒柱である有馬太玖登投手は、2020ドラフトでの指名に期待が高まります。

2019ドラフトでは武藤敦貴選手が東北楽天ゴールデンイーグルスに指名されていますし、都城東から2年連続でのプロ選手誕生も楽しみですね!

公式戦でアピールできる機会は例年より少ないものの、持てる実力を全て発揮してできる限りのアピールで高校ラストイヤーを締めくくってほしいものです。

九州地区からは大分商業・川瀬堅斗投手もスカウトから高評価を受けていますが、有馬太玖登投手のポテンシャルも見逃せません!

参考:川瀬堅斗(大分商業)はドラフト注目|球速以上の凄みとスケール感

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック