2020ドラフト投手

吉鶴翔瑛(木更津総合)はドラフト期待|父も話題の左腕はマウンド度胸満点

千葉の強豪・木更津総合で1年の2018夏からベンチ入りしていた吉鶴翔瑛投手。

キレのあるストレートと鋭い変化球のコンビネーションを持ち味とする期待の左腕です。

2019秋の千葉大会・東海大浦安戦では見事に完封を飾り、千葉大会ベスト4にも大きく貢献しました。

木更津総合の左のエースとしてドラフトにも期待がかかる、吉鶴翔瑛投手を特集していきましょう。

吉鶴翔瑛の中学時代は千葉北シニア出身

左投げ左打ちの吉鶴翔瑛投手は船橋市立前原中学の出身で、中学時代は硬式野球チームの千葉北シニアに所属していました。

早い時期から野球センスを見せて頭角を現し、チームの中心選手として活躍していましたね。

中学2年時に臨んだ「第6回絆甲子園」ではチームは敗れはしたものの、3安打7奪三振の好投。

さらにはベースランニングでは14秒84のタイムで出場選手中2位に輝くなど、身体能力の高さは当時から光るものがありましたね!

Sponsored Link

木更津総合・吉鶴翔瑛がドラフト期待の理由

直球・変化球ともに抜群のキレ

吉鶴翔瑛投手の大きな武器になっているのはボールのキレで、直球・変化球ともに質の高いボールを投げ込みます。

2019秋の時点で最速140キロをマークしていますが、スピンの効いた真っ直ぐが投げられる投手なんですよね…!

さらにストレートの回転数も多いため、球速以上に打者を差し込む場面が目立ちます。

また変化球に関しては特にスライダーに定評があり、鋭く曲がる変化は空振りを奪える決め球としても見逃せません。


身長175cm・体重68キロとまだ細身な印象を受けますが、これから一回り身体が大きくなるとさらに楽しみな投手になってくるでしょう。

吉鶴翔瑛投手のストレートと変化球のコンビネーションを上手く使った投球には、今後も大いに注目です!

Sponsored Link

得点圏にランナーを背負ったときの強さ

質の高いボールを投げ込むことに加え、ピンチでもしっかり自分の投球ができるあたりも吉鶴翔瑛投手の強みと言えます。

2019秋の千葉大会準決勝・習志野戦でもリリーフで登板し、九回裏で一・三塁とサヨナラのピンチを三振で切り抜けました…!


好投手の条件としてピンチの場面でのピッチングは欠かせないと思うのですが、ギアを1つ上げて打者を打ち取っていく姿は頼もしさを感じさせます。

山中海斗選手ら野手にも楽しみな選手が揃う木更津総合ですから、2020年の戦いも接戦で強さを発揮するでしょうね…!

参考:山中海斗(木更津総合)は中学でベストナイン|父兄も話題の逸材に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の吉鶴翔瑛は木更津総合のキーマン

ここぞという場面で好投を見せ、存在感を放つ吉鶴翔瑛投手ですが、今後も木更津総合の鍵を握ることは間違いないでしょう。

木更津総合には2019夏に最速146キロをマークしているドラフト注目のエース右腕・篠木健太郎投手もいますから、左右二枚看板がさらに成長すると並の打線では手がつけられません。

互いを意識しあっての相乗効果も生まれてくるでしょうから、単に失点を抑える以上の意味を持っているとも感じています。


習志野をはじめ2020年の千葉も激戦が予想されますが、吉鶴翔瑛投手のピッチングは木更津総合の躍進を大きく左右することになりそうです。

一発勝負のトーナメントにおいて、完成度の高いサウスポーが相手に与える驚異は計り知れませんからね…!

気迫溢れるマウンドでの立ち姿はチームに勢いを与えると思いますし、これから大いに注目していきたい投手です!

参考:篠木健太郎(木更津総合)の球速は全国区|ドラフト右腕は中学東日本選抜

Sponsored Link

ドラフト注目の吉鶴翔瑛は父も話題

吉鶴翔瑛投手は実力はもちろんのこと、元プロ野球選手の父がいることでも話題になっています。

吉鶴翔瑛投手の父・憲治さんは、現役時代に中日ドラゴンズや千葉ロッテマリーンズで活躍し、引退後も千葉ロッテマリーンズなどでバッテリーコーチを歴任。

2018年からはソフトバンクホークスの1軍バッテリーコーチを務めています。


父・憲治さんに続きドラフトで指名される可能性は十分に秘めている投手だけに、全国の舞台でのピッチングはぜひ観たいところ。

木更津総合の躍進と吉鶴翔瑛投手の成長を楽しみに、今後も追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック