2020ドラフト投手

林翔大(乙訓)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の右腕は京都随一

京都・乙訓の速球派右腕として、ドラフト注目のピッチャーに成長している林翔大(はやし しょうた)投手。

最速140キロ台中盤のストレートを軸に、京都ナンバーワンとの呼び声も高い右腕です。

ノビのあるストレートだけでなく変化球のキレも抜群で、奪三振率の高さでも高校野球ファンを沸かせてくれそうですね…!

将来性の高さにも注目が集まる、2020ドラフト候補の林翔大投手を特集していきましょう。

乙訓・林翔大はドラフト期待の本格派

球速150キロ目前

乙訓のエースを務める林翔大投手ですが、最大の武器はなんといってもストレートです。

2019年の時点で球速は140キロを超えており、2020夏を前に最速146キロをマークしています。

身長175cm・体重75kgと均整のとれた体格に仕上がってきて、その投げっぷりも見もの。

林翔大投手のピッチングを見ている限り、高校ラストシーズンで球速150キロの大台に乗る可能性も十分にあるのではないでしょうか…!

球速がコンスタントに140キロ台をマークする馬力も素晴らしく、大台突破も現実味を帯びています。

速球はノビも抜群

また林翔大投手のストレートは球速はもとより、ノビがある点も見逃せません。

特に高めのストレートには力があり、ボール球でも相手打者が手を出してしまう場面は多く見受けられます。

制球力はまだ成長の余地があるものの、ハマったときには手が付けられないような印象を受ける投手ですね…!

2020夏の大会では乙訓の大黒柱として、また京都屈指の右腕としてさらに評価を上げるのではないでしょうか。

Sponsored Link

ドラフト期待の林翔大は球速がまだ伸びる

林翔大投手は最速146キロのストレートを投げる本格派ですが、まだまだ成長段階にあるとも感じます。

身長175cm・体重75kgとバランスの良い体格ですから、下半身がもうひと回り大きくなってくると球速ももうワンランク上がるでしょうね…!

高校最後の夏で気持ちが乗ることも考えられますし、強気にストレートで三振を取りにいく勝気な性格も、見ていて気持ちが良く応援したくなるピッチャーです。

乙訓の市川靖久監督も伸びしろには太鼓判を押しており、光泉の150キロ右腕・森本修都投手らと並んで林翔大投手が近畿地区のドラフト候補に挙がるのも納得と言えるでしょう。

参考:森本修都(光泉)はドラフト期待|球速とホームランに注目のロマン枠

Sponsored Link

ドラフト期待の乙訓・林翔大は奪三振率の高さも

乙訓の林翔大投手は球速のほかに、奪三振率の高さも注目が集まります。

2019秋の京都大会・南丹戦では7回を投げて14奪三振、自責点0という圧巻の内容でした…!

ピンチの場面を三振で切り抜けられる点も、大きな強みと言えるでしょう。

素晴らしいピッチングの中でストレートに目が行きがちですが、変化球のキレも素晴らしくフォークボールの落差も十分。

球種もカーブ・スライダー・フォーク・チェンジアップと豊富で、直球・変化球どちらでも三振を奪えるため強力打線との激突はぜひ観たいですね!

同じくドラフト期待の京都国際・釣寿生選手らとの対決は、高校野球ファンを熱くさせてくれそうです…!

参考:釣寿生(京都国際)はドラフト注目|ホームランに期待の強肩強打

Sponsored Link

林翔大は乙訓から大学進学でドラフトか

2020ドラフト指名に期待がかかる林翔大投手ですが、進路は大学への進学が濃厚と見られています。

大学進学となれば4年間で林翔大投手はさらに大きく成長するでしょうし、いずれにしても今後が楽しみな投手であることは言うまでもありません。

また高校最後の夏での飛躍によりプロ志望に変わった選手も多くいますから、乙訓の躍進と共に進路にも目を向けていきたいですね。

京都は龍谷大平安・奥村真大選手ら注目打者が集まりますが、林翔大投手のピッチングは高校野球ファンとしても見逃せないところ。

快投に期待しつつ、林翔大投手の今後の更なる飛躍を応援していきましょう。

参考:奥村真大(龍谷大平安)はドラフト期待|強肩強打の注目株は兄に続くか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック