2020ドラフト投手

松木平優太(精華)はドラフト期待|イケメン右腕は最速150キロ間近

大阪の精華高校で2年の2019年夏前から本格的に投手の練習を始めた松木平優太(読み方は「まつきひら ゆうた」)投手。

投手として1年程度の経験ながらも140キロ超の球速をマークし、プロの複数球団から注目される投手にまで成長しています。

インドネシア人の父と日本人の母を持つイケメン投手としても人気があり、ドラフト候補としても楽しみなピッチャーですね!

ポテンシャルの高さが評価され、2020ドラフト指名に期待がかかる浪速の本格派右腕・松木平優太投手を特集していきましょう。

ドラフト期待の精華・松木平優太は球速に注目

最速140キロ超

精華で活躍する松木平優太投手の投球でまず注目したいのが、140キロを超えるストレートです。

右腕から繰り出すボールは2020夏には最速145キロをマーク。肘を柔らかく使ったフォームから力強いボールを投げ込みます。

驚くべきは投手を始めてからたった1年で、ストレートの角度・キレともに一級品のボールを投げるまでの急成長を遂げているんですよね…!

ストレートを狙ったところにコントロールできる制球力もスカウトから高く評価されていますし、将来が非常に楽しみな逸材といえます。

体格的にも伸びしろ

松木平優太投手は最速145キロのストレートを武器としていますが、その球威はまだまだ伸びていくことが予想されます。

2020夏の時点で身長178cm・体重68kgと細身ではあるものの、1年前と比較すると13kgも体重がアップ(当時は55kg)しているんですよね!

これから更に厚みが増すことが想像できますし、伸びしろの大きさは見逃せません。

精華のエースとしてチームを牽引する松木平優太投手は、2020夏の高校野球を沸かせてくれそうです…!

Sponsored Link

ドラフト期待の松木平優太が持つ変化球は?

松木平優太投手の持ち味は最速145キロの球速だけでなく、変化球にも目を向けていきましょう。

主な球種ではスライダー・カーブ・スプリットを使い分けることができるため、ピッチングの幅が広いのも特徴的な投手です。

切れ味も鋭く、ストレートとの緩急を活かした組み立てで三振を奪うシーンも多く見られますね。

同じくドラフト候補の東洋大姫路・柿本晟弥投手らと並んで質の高いボールを投げ込むだけに、変化球の伸びしろという部分で見ても、ストレートと同等もしくはそれ以上の可能性があるのではないでしょうか…!

参考:柿本晟弥(東洋大姫路)はドラフト期待|球速以上の資質も兵庫屈指

Sponsored Link

精華のエース・松木平優太は将来性にも期待

松木平優太投手は現在、投手としてのポテンシャルをプロのスカウトから高く評価されていますが、投手を本格的に始めたのは約1年前の2019夏前です。

当初は内野手のレギュラーとして試合に出場しており、5割近い打率を残していた好打者でもあるんですよね。

そんな松木平優太投手が複数球団から注目されるまでのピッチャーに育った背景には、異常なまでの吸収力が欠かせないのではないでしょうか…!

まさに原石と呼ばれるに相応しい才能と実力を兼ね備えた松木平優太投手が、どこまで進化を遂げるのかは高校野球ファンとしては目が離せないところです。

Sponsored Link

イケメン投手の松木平優太はドラフトに注目

大きな可能性を持つ本格派右腕として、2020ドラフト指名への期待がかかる松木平優太投手。

プロ志望届を出す意向を示しており、「最終的にはプロに行きたい」と高校卒業後の目標も明確です。

公式戦での登板実績はまだ多くないものの、これからどんどん経験を積めばもっともっと素晴らしい投手になっていくでしょう…!

またルックスもカリスマ性のあるイケメン投手ですから、プロ入りすれば人気が出ること間違いなしですね!

ルックスはもちろん、日本球界を代表するような投手へと変貌を遂げていってほしい投手。履正社の内星龍投手らと並んで、未完成なところも魅力です。

今後の飛躍が楽しみな存在であるイケメン本格派右腕・松木平優太投手をこれからも追いかけていきましょう。

参考:内星龍(履正社)はドラフト期待|球速に注目の大型右腕は覚醒なるか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック