2020ドラフト投手

内田悠太(大手前高松)はドラフト期待|球速だけじゃない逸材に大注目

香川の大手前高松で四国を代表する投手として注目の本格派・内田悠太(うちだ ゆうた)投手。

最速150キロに迫るストレートに加え、豊富な球種で相手打者を翻弄するドラフト注目の右腕です。

体格的にもまだまだ伸びしろがありますし、常時140キロ台のストレートを投げるなどポテンシャルは十分。

四国でナンバーワン投手との呼び声高い、大手前高松の内田悠太投手について特集していきましょう。

ドラフト期待の大手前高松・内田悠太は球速に注目

2年の2019夏から投手デビュー

内田悠太投手の中学時代は軟式野球部に所属しており、高校入学後は1年の2018秋から背番号9をつけて活躍していました。

投手としては2年の2019夏から控え投手としてデビュー。

3試合に登板して失点1、防御率0.00という数字を残し驚異的なデビューを飾っています。

最速150キロ間近

そんな内田悠太投手の注目ポイントとしては、やはり投球の軸となるストレートです。

2019夏の準々決勝・尽誠学園戦では惜しくも敗れたものの最速147キロをマーク。

そこから一気にプロ注目の存在として認知され始め、四国ナンバーワン投手の評価を受けるまでに急成長を遂げています。

身長175cm・体重66kgとまだ細身ながらも威力のあるストレートは迫力十分で、身体が出来上がってくれば球速150キロの大台を突破するのも極めて現実的ですよね…!

常時140キロ台のストレートを投げ抜ける馬力もありますし、内田悠太投手は2020ドラフトでも大いに注目したい投手です。

Sponsored Link

大手前高松・内田悠太は変化球もドラフト級

豊富な球種

大手前高松の内田悠太投手は最速147キロのストレートのほか、三振を奪える豊富な球種にも注目です。

球種は主にカーブ・スライダー・カットボール・スプリットを投げていて、1つ1つ質が高い変化球をピッチングに織り交ぜています。

どの球種もコントロールが非常に良く、バッターに球種を絞らせないピッチングの幅の広さも内田悠太投手の魅力と言えるでしょう。

2019年11月に行われた星稜高校との招待試合では、ドラフト上位と目されている内山壮真選手から手元で鋭く変化するスライダーで見逃し三振も奪いました…!

スプリットが凄い

内田悠太投手は変化球も素晴らしいピッチャーですが、スライダーとスプリットは決め球として威力抜群のボールを投げ込みます。

特にスプリットは縦に鋭く変化するため、相手打者がワンバウンドするようなボール球に手を出してしまうといったシーンが多く見受けられるんですよね。

球速150キロに迫るストレートを軸に、縦横に鋭く変化する球種もあるわけですから、高校生では攻略が至難の業とも言えるでしょう。

149キロ右腕の明桜・長尾光投手らと共に、2020ドラフトを沸かせてくれるのが楽しみです!

参考:長尾光(明桜)はドラフト期待|球速だけじゃない注目株は上位指名も

Sponsored Link

大手前高松・内田悠太は将来性に期待

内田悠太投手は現時点での能力はもとより、将来性の高さはドラフト注目選手の中でも上位レベルにあるのではないでしょうか。

さらに体重がアップしてくれば球速150キロを軽く超えてくるでしょうし、球威や安定感も増すことを想像すると本当に楽しみです。

全国的な知名度こそまだ高くないものの、今後ワンランク上の投手に化ける可能性も十分。

たらればを言っても仕方がないですが、甲子園出場があれば確実に全国的に話題になった投手でしょうね…!

プロのスカウトとしても見逃せない投手であることは間違いありませんから、高校最後の夏でのアピールにも注目です!

Sponsored Link

内田悠太は大手前高松からドラフトなるか

内田悠太投手はストレート・変化球ともに素晴らしいボールを持っており、ドラフトで注目を集めるのも納得です。

球速以上に可能性を感じさせる投手で、キレのある変化球を制球良く投げ込めるだけに力強さが増すと手が付けられなくなりそうですよね…!

2020ドラフトを沸かせてほしい投手の一人ですし、四国から球界を代表するような投手に育ってほしいところ。

創志学園・三方陽登投手らと共に、ドラフトで中国・四国地区の高校野球ファンを歓喜させてくれることに期待しています。

大手前高松から内田悠太投手がプロの世界へ進むことを楽しみに、今後の活躍も追いかけていきましょう。

参考:三方陽登(創志学園)はドラフト期待|球速も注目の大型右腕が急成長

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック