2020ドラフト投手

三方陽登(創志学園)はドラフト期待|球速も注目の大型右腕が急成長

岡山の強豪・創志学園で2年の春からベンチ入りしている三方陽登(読み方は「みかた はると」)投手。

ドラフト候補としても楽しみな、球速150キロに迫るストレートと鋭いスライダーが武器の本格派右腕です。

2019秋の新チームからはエースナンバーを背負い、創志学園の岡山大会優勝にも大きく貢献しましたね!

今後の更なる成長にも期待がかかる、ドラフト注目の三方陽登投手を特集してみました。

参考:創志学園の2020新入生は?投打の軸は県内屈指のメンバーか!

創志学園・三方陽登はドラフト期待の逸材

最速150キロ目前のストレート

創志学園でエースとしてマウンドに上がる三方陽登投手ですが、まず注目したいのはやはり、球速150キロに迫るストレートです。

2019秋の時点で最速147キロをマークしており、大台突破も時間の問題ではないかと見られていますね!


身長184cm・体重80kgの恵まれた体格から投げ込むボールは球威があり、相手バッターが振り遅れる場面はよく目にしました。

明石商業・中森俊介投手や智辯和歌山・小林樹斗投手らと並んで世代トップクラスの球速を誇る右腕ですから、これから全国区の投手として話題になってほしいですね!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

長身からの角度もに注目

三方陽登投手はストレートの球速だけでなく、長身を活かした角度も大きな武器になっています。

オーバーハンドの豪快なフォームからの、力強い腕の振りはスケールの大きさを感じさせますね…!

創志学園のエースとして活躍し、2019ドラフトで阪神に1位指名を受けた西純矢投手の後継者と呼ばれるのも納得です。


以前は高めに球が浮くことが多かったものの、西投手から「叩きつけるように投げてみろ」とアドバイスをもらって改善。

また、そのアドバイスはU18日本代表で同部屋だった星稜・奥川恭伸投手から聞いたものだったそうで、西投手を介して三方陽登投手に伝わったのも素敵ですよね…!

参考:西純矢(創志学園)は中学の球速も凄い|父への想い胸にドラフトも期待

Sponsored Link

ドラフト注目・三方陽登は変化球もキレる

最速147キロのストレートを投げ込む一方で、三方陽登投手はキレのある変化球も脅威になっています。

特にスライダーのキレが抜群で、狙って空振りを奪える球種を持っているのは大きな強みと言えるでしょう。


真っ直ぐと同じ腕の振りで投げることを意識しているそうで、バッターは腰が砕けたスイングになる場面が目立ちます。

やや抜けるボールも見られるものの、2020に向けてさらに精度も上げてくるでしょうから、今後の成長が本当に楽しみですね!

Sponsored Link

創志学園・三方陽登は西純矢の後継者になれる

150キロに迫るストレートとキレあるスライダーを武器にしている三方陽登投手は、西純矢投手の後継者としても注目を集めています。

中学時代から西投手に憧れていた三方陽登投手は、「西投手と一緒にプレーしたい」という理由で創志学園に進学をしました。

西投手が引退する際には2018秋の大会で使用していたオレンジのグローブをプレゼントされ、本人からも後継者としての期待がうかがえますね…!


ドラフトで話題になる可能性は十分に秘めている投手ですし、ぜひとも甲子園の舞台で全国の強打者との対戦を見せてほしいですね!

2020ドラフトにも注目しつつ、三方陽登投手のこれからを追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック