2020ドラフト投手

佐藤辰憲(石見智翠館)はドラフト期待|球速と低めのノビに大注目

島根の強豪・石見智翠館で1年の2018年から試合で活躍していた佐藤辰憲(さとう たつのり)投手。

最速150キロに迫るストレートを軸としたピッチングで、切れ味鋭い変化球とのコンビネーションで多くの三振を奪う島根屈指の右腕ですね!

中学時代は牧方シニアに所属し全国大会を経験したほか、2019夏には甲子園にも立つなど経験も十分。

2020ドラフト候補としても期待がかかる、石見智翠館の佐藤辰憲投手を特集していきましょう。

佐藤辰憲の中学時代は枚方シニアで全国

右投げ右打ちの佐藤辰憲投手は中学時代、野球では牧方シニアに所属していました。

主力でプレーした中学3年時には日本選手権で全国大会を経験するなど、当時からレベルの高い環境で野球に取り組んできたことが分かります。

高校入学後もすぐに頭角をあらわし、1年夏から先発を任されていたことも実力の高さを物語っていますよね…!

枚方シニア時代の全国大会出場に続いて2019夏の甲子園にも出場しており、精神的にも肉体的にも成長している将来性豊かなピッチャーです。

Sponsored Link

石見智翠館・佐藤辰憲は150キロ間近の球速が凄い

石見智翠館で主戦を任される佐藤辰憲投手の最大の武器は、県内トップのスピードを誇るストレートです。

身長180cm・体重80kgの恵まれた体格から、最速147キロをマークするスピードボールがミットに吸い込まれていきます。

マウンド上での存在感は絶大で伸びしろもまだまだありそうですし、高校ラストシーズンとなる2020夏で球速150キロの大台に乗る可能性も十分ではないでしょうか…!

体格もよく地肩の強さが際立つピッチングからは、将来性の高さが感じられますね!

やや荒削りではあるものの高校生投手らしく、素材の良さはプロのスカウトが好みそうでもあります。

Sponsored Link

ドラフト期待の佐藤辰憲はノビにも注目

石見智翠館でマウンドを守る佐藤辰憲投手のストレートは球速だけでなく、バッターの手元でのノビも一級品です。

相手打者の振り遅れが多いのはもちろん、手が出ない場面もたくさん見受けられるんですよね。

特に低めにコントロールされたストレートは落ちることなくミットに収まり、見逃し三振が多い点も佐藤辰憲投手の魅力と言えるでしょう。

2019夏には13回を投げて13奪三振。長身から低めの際どいコースに投げられる制球力も光るものがあります。

島根では開星の山本大斗選手が右の強打者としてドラフトに期待が高まっていますから、2020夏の激突に期待している高校野球ファンも多いでしょうね…!

参考:山本大斗(開星)はドラフト注目|米子出身の強打者は攻守で魅せる

Sponsored Link

佐藤辰憲は変化球のキレもドラフト級

佐藤辰憲投手の実力について見てきましたが、最速147キロのストレートのほか、キレのある変化球も魅力の1つとして挙げられます。

なかでも縦に鋭く変化するスライダーは圧巻の一言で、150キロに迫るストレートと縦スライダーを織り交ぜたピッチングで相手打線を圧倒していきます。

角度もある投手ですから、変化球の精度が高くなってくればプロの世界でも十分にやっていけるのではないでしょうか。

またマウンド度胸もあり、リリーフの適性がある点もスカウトからは高く評価されそう。立正大淞南の三宅海夢投手ら、2020世代の島根のピッチャーは逸材揃いですね…!

佐藤辰憲投手のピッチングは石見智翠館の躍進には欠かせませんから、高校最後の夏での快投とドラフトに期待しつつ今後も追いかけていきましょう。

参考:三宅海夢(立正大淞南)はドラフト期待|球速とノビに注目の剛腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック