2020ドラフト投手

加藤翼(帝京大可児)はドラフト期待|球速と回転数に注目の本格派

岐阜の強豪・帝京大可児で1年の2018秋からベンチ入りし、試合でも登板していた加藤翼(かとう つばさ)投手。

自慢のストレートは最速152キロをマークしており、2020ドラフトも楽しみな高校野球界屈指の本格派です。

回転数の多いストレートで空振りを取れるほか、豊富な球種も持ち合わせているんですよね。

2020ドラフト候補として注目されている、帝京大可児の加藤翼投手を特集していきましょう。

帝京大可児・加藤翼の球速はドラフト期待

帝京大可児の剛腕・加藤翼投手の最大の武器は、なんといっても右オーバースローから投じる迫力満点のストレートです。

2019秋の時点で最速152キロをマークしており、球速では高校野球界でも上位に入るピッチャーなんですよね!

また加藤翼投手は1年の2018秋から控え投手として試合に出場していたものの、当時からストレートが早かったわけではありません。

現在は身長178cm•体重72kgの加藤翼投手ですが、入学当初の体重は62kgだったんだとか。つまり高校に入学後に、10kgの体重アップに成功しているんですよね。

帝京可児で地道な努力をコツコツ続けるなかで、

  • 2019春:137キロ
  • 2019年8月:145キロ
  • 2019年11月:152キロ

と右肩上がりに球速を伸ばしてきています。

春から冬までに15キロも球速アップすることがあるんだと驚きました…!

高校最後となる2020シーズンでは常時140キロ台中盤の球速をマークする馬力も見せており、一気にドラフト注目の速球派投手へと変貌を遂げています。

Sponsored Link

ドラフト期待の帝京可児・加藤翼は奪三振も注目

帝京大可児の加藤翼投手の魅力は球速だけでなく、ストレートの伸びが素晴らしい点も見逃せません。

スタンドから見ていても手元で伸びていることが伝わるほどで、回転数が多い真っ直ぐを投げられる投手であることは一目瞭然です。

相手打者がストレートに狙いを絞っていても、タイミングが合わずに差し込まれるシーンも多く見受けられ、真っ直ぐで空振りを奪える点も加藤翼投手の強みと言えるでしょう。

追い込んだ後の決め球にストレートを選ぶことも多く、自信を持っているボールであることが伺えます。

帝京可児でエースナンバーを背負う、最速145キロの平良拳晨投手と切磋琢磨してきたことも加藤翼投手の急成長に繋がっているでしょうね!

Sponsored Link

帝京大可児・加藤翼は変化球にも注目のドラフト右腕

加藤翼投手は球速150キロ超のストレートに注目が集まる一方で、多彩な変化球の持ち主でもあります。

変化球の球種はスライダー・カットボール・ナックルカーブ・チェンジアップと豊富。

変化球の精度に課題は残るものの器用さも兼ね備えた投手ですから、変化球の精度が上がってくればワンランク上の投手に化ける可能性も秘めています。

緩急が使えるようになると投球の幅も広がることは間違いなく、奪三振率が更に高くなると相手打線としては驚異でしょうね…!

いなべ総合の伊東邑航投手らと共に、加藤翼投手には2020ドラフトで東海地区を盛り上げてほしいものです!

参考:伊東邑航(いなべ総合)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の大型右腕

Sponsored Link

将来性抜群の加藤翼は帝京大可児からドラフトへ

帝京大可児の加藤翼投手は超高校級のストレートを投げるポテンシャルがあるだけに、高校ラストイヤーでは全国的に注目されてほしい投手です。

自身もプロ志望届を提出する予定と話していてドラフトへの意識も高いですし、視察の機会が例年より少ないスカウトとしても最後の夏での投球は1つの指標になるでしょう。

残された試合で最大限のアピールをして、2020ドラフト指名を受けてほしい剛腕ですね…!

同地区の県岐阜商・森大河投手とは投げ合いが観たいですし、高校最後の夏で加藤翼投手が披露するピッチングには大いに注目していきましょう。

参考:森大河(県岐阜商)はドラフト期待|球速だけじゃないエースの復活

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック